オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.19
投稿したのは16日なんですけどね。

今回は、曲ができてから動画完成までが最速だったかなぁ。
曲が仕上がるまでに、どえらい時間がかかってしまったため、その間にある程度の素材の選別と構成みたいなのが進んでいたのでね。
どうしても一箇所、必要に駆られて自分で画像描いたところあったけど……orz
(一瞬で消える部分だから、素材を借りるのが申し訳なかった)
絵師じゃない人が無理をしたらいかんよ。

とりあえず、できたもの↓
(動画を再生できない環境の人はごめんなさい)


何とか、素材を殺さないやり方ができたんだろうか?
自分が使っているのは、もともとPCに入っている無料のムービーメーカーなのでね、この程度が限界なのですけど。
物によっては、一枚絵だけで動かないのも魅力だと思うんだけど、特に人様のをカバーさせてもらったりしたときには、ついつい何がしかの動きを付けたくなってしまうー。
あらためて、素材提供者様には感謝です。

歌声の出来については、あまり多くは語りません。
↓ここでまとめてるしw
Juvenile レンとKAITOでカバーVer. 調声メモ(ピアプロに飛びます)
全体的に、普段の私がやるようなのとは雰囲気が違うから、色々と苦労もしたし、これでよかったのかな、と自問することもしばしばだけど、大好きなこの歌をカバーさせてもらえて幸せです。
作者様にも多大なる感謝を!

もっと上手く歌わせられるようになればいいな。
毎回の願いだけどw
スポンサーサイト
2010.11.11
あやうくやるやる詐欺になるところだったレン&KAITOのカバー曲完成……。
やるって言ってから一年放置ってどうなのさ!
厳密にはまるっきり放置してたわけじゃないけど、近いものが。

とっかかってからしばらくして、どうしても行き詰って、一度冷却期間おいたら、復活するまでにえらい時間がかかったっていうね。
カバーさせてくれって自分から頼んでおいて、それはないぜー。

もともと、レンのための曲だったので、うちのKAITOには無理があったんだよね。
わかってたんだけど、すっごく素敵な曲で。
でもまあ、いざ手を付けてみたら、曲が若い若い(笑)
これまでの私のKAITOじゃ、とてもじゃないけど合わない。
そこが悩みのタネでもありましたが。
KAITOでいい歌を歌っている人は沢山いるので、要は実力不足ってヤツですけど。
まるっとKAITOに歌わせるのが辛くて、結局半分はうちのレンにも手伝ってもらったっていう、何のためのカバーなんだかわからん結果に(笑)

これまでうちのKAITOには、弾き語り風とか、こう、誰かの目の前でささやかに歌う感じの調声を好んでしてきたんだけど(実際にそのほうが手間かからないし)、今回は何とか頑張って、不特定多数に向けて歌うような歌い方で……と思ってるのは本人だけで、実際聴く人にはそんな大差ないように思えるものですけどね。
内部的には「僕らの街」とかよりがっつんがっつんいじってます。一応。
KAITOはどうしても、歌い方が平坦になるので。
かなりいじらないと、もともとの実力で綺麗には歌ってくれるけど、盛り上がりに欠けるつまらない出来になる。
今までの私の曲、みんなそうだよなー。
今回は当社比かなり頑張りました。
もちろん、上手い人と比べられちゃうとてんでダメなんで、それは勘弁ね!!
ていうか、そういうこと言うならお披露目しろよ。
(今回の記事ではしません)
どういじればいいのかまるでわからなかったものに、少しでも気付けただけで収穫ありだと思わないとね。
(影響されるのが嫌で、調声技術系のサイトとか資料とかてんで見やがらないから)


動画はこれから作るので、もう少しかかります。
ここはMP3もアップできないしね(汗)
ひとつのファイルサイズが500KB以下ってのは無理だわー。
近いうちに動画が仕上がればいいなと祈りつつ。
関わってくれた皆さんに感謝!

あー、久しぶりにつっかれたーー。
2009.10.30
リンの調声をやりながら、カイトの調声案を頭でまとめていたこの数日。
早いとこリン終わらせないと、ただでさえ進行遅いのに!
しかも、採用かどうかも分からないブツだってのにね!

とりあえず、何とかリンを形にして、こっちは反応待ち。
その後お友達とのコラボ作品のカイトの調声案を出しました。

テンポ190と90の曲の同時進行ってすごいね!
訳わかんなくなるwww
しかも、リンの方の曲ってけっこうおっかなくて、カイトのはそりゃもう優しくてハートフルなのね。
この差が凄い。
リンのこのおっかない曲は、結構好きなんですけどね。
いやーな感じにテンポのいい曲に、これまたいや~んな素晴らしい詞を付けて下さったので。
このコラボの人たち、レベル高いよなあ。

リンの曲はゲームに使うので、短めの曲なんですわ。
短めなのに、何でこんなに調声に時間かかるんだろーってずっと思ってたんだけど。
カイトのシーケンスを今日広げてみて……シーケンスの長さ、ほぼ同じじゃんorz

テンポが速いから短くまとまっているのだと判明。
だよね、今やってるカイトの倍以上の速さなんだもんね。
気付けよ椎名。あっはっはっはTT
ゲームでのボス曲とか呼ばれているプレイヤー殺しの曲です。
もう最後のあたりとかメサメサだし。
(本当にこれがボス曲だったら、私は永遠にクリアできない気がする)
ちなみにゲームは音ゲーです。
テストプレイでの椎名の成績は……はっはっは?
リズム感手ナニソレ追いしい野(をい)

とりあえず何か、灰になりそうですが!

色々地道に進めてはおります。
2009.09.27
なかなか思っていたようなスケジュールでは進行しない調声だけども、とりあえずレンパートは9割完成。
(後の1割は、合わせ段階でまたシーケンスを絶対いじる分)
現在のカイトが2割程度。
ともに20%くらいの出来の頃からオケと二人の声を合わせてテストプレイは繰り返しているんだけども、今の状態で合わせを聴くと、レンばかりが感情込めて本気で歌ってるのに、カイトはそこそこの感じで流しで歌っている、という聴こえ方になる。

レン
「ちょっとカイト兄、何でオレばっか一生懸命歌ってるわけ? 恥ずかしいじゃん!!」


カイト
「いや、とりあえずレンの歌ってる感じ聴いてから合わせようかなって思って♪ 大丈夫大丈夫、そのまま続けてー」


……みたいな脳内展開。
お兄ちゃんは余裕のスロースターター?
まあ、実際このレンの歌に合わせてカイトの調声進行するんですけどね。
でもレンはこの歌との相性がいいので(そもそもレンの声を意識して作られている歌だから)、歌いやすいんだけど、カイトをこれに合わせるのは多分苦労します。
カイトの声の感情付けは結構難しい気がしてるのは私だけ?
(カイトというよりは旧型だね)
カイトよりリンレンの方が難しくて手が出ない! とか言ってた私はどこに消し飛んだんでしょうね。
単純に慣れの問題ですが、それでもやっぱり、感情付けなんかはそこそこ簡単にできるようになってるのがボカロ2みたいですね。
が、それ以上の調声が、ボカロ2ではやっぱり難しいかなと思ってます。
声のつながりなんかもカイトの方が断然自然だし。
リンレンの場合、特にレンはガツガツいじらないと自然に歌ってくれない。
ボカロで歌う良さ、みたいなのは出しやすいけども、結局人間ならこんな歌い方はしないよねって感じなんで。
カイトの場合は歌は凄く自然なんだけど、感情の起伏を表すのが難しい。これちゃんとやってる人は凄いねー。
昔はちょっと自然に歌ってるだけで絶賛されてたけど、今は新旧問わず上手い人は沢山いるし。
カイトもバージョン1.0の頃は、本当に苦労したんじゃないかな。歌声がどうしてもロボで。
私が使っているのは1.1バージョン。
ただ、1.0は親切設計じゃない分細かい部分までいじれるんで、1.0の方がいいって人は結構いるみたいです。
カイトはいつでも1.0と1.1は切り替えられるからいいけど、リンレンは無印とAct.2があって、これは両方のソフト持ってないと切り替えが出来ない。
私が持ってるのはAct.2。
(丁度買いに行った時期、これが発売された直後だった)
Act.2は賛否両論だけど、いわゆるレンの鼻声がwww
最初はどうしようかと思ったもん。声の伸び良くないし。
でもまあ、何とかなるもんですね。

ちなみに、ショタレンになってたレンの歌は、何か自然にイケレンに近づいてきました。
謎ww
仕上げで語感の強さをいじってたせいだと思うけど。
とはいっても、私が「ぎゃーー」と叫んでたほどのショタレンから比べて、の話なので、やっぱり世にいうイケレンとは結構かけ離れてますがね。
(しかもそのショタレンの声を誰も知らないから、私以外の人は比べようがないという)
2009.09.13
数日前に参加申請を出していた某所の某コラボ、先日承認をいただきまして。
久々の長期コラボ参加なのです。

実は以前に長期コラボに参加してはいたのだけどね。
アクティヴ面でいつも1~2位を取っている、人数も多いコラボだったけど。
そこが無くなって以来の長期コラボかな。
(僕等の街コラボにも、半年以上在籍してますが……ははは、これは単発ですから)

ここはジャンルを問わない創作活動を主としたコラボなのでー。
一応調声師としての仕事も期待してはいるけども、自分でも小説とか投稿しようかななんて、ちょっと頑張ってみようと思いまして。

(この時点で某所の某企画へのお誘いがアリ。
 一瞬さーーーっと血の気が引いた気持ちを分かってもらえるだろうか)

しかしまあ、引き受けたからにはどちらもそれなりにやるつもりですので(そもそもダメそうなら引き受けないし)問題はナッシング!

とりあえずは、コラボの方に小説一本投下してきたのだ。
あとやりかけの調声も頑張らないとね。
(こっちは日々遅々として進行中)
2009.08.26
無理やりもらってきた曲の調声はちょっとお休み、これは後でゆっくりやるのだ。

現在はコラボ参加している曲のリンレンの調声作業。
曲自体がすごく短いのと、曲調のせいで調声個所は少なめなんで。
もらってきた曲もそうだし、今やってる曲もそうだけど、ある程度ボカロを理解している人が曲を作ってくれると、修正箇所が少ないんで楽なんだよね。

(前の記事で言ってる曲でカイトで苦労しているのはそのせい。もとがレンのための曲だから、カイトでやろうとすると苦労するww)

調声の初めにいつも思うんだけど。
いざシーケンスを広げると、どこをどう調整していいかがわからなくなる。
デモとか聴いてる段階で、頭の中にビジョンはあったはずなのに。
基本の声を色々いじって決めて。
その後が。
このままで十分いけるんじゃね? とか思い始める。

けどどこでもいいから、とりあえず一箇所いじってみると、あれよあれよと次が出てくる。
不思議なもんだねぇ。
もうその時には何でこのままでいいとか思ってたんだろうとか考え出すんだから。

ここまでくれば、注意しないといけないのはひとつだけだ。
やりすぎないように気をつけること(笑)

そうでなくともボカロ2は、旧型よりも親切設計にできているので、そんなにいじらなくてもいい声で歌ってくれるのだ。
けどポルタメントとかピッチとか、一括の変化では自分的におかしいので、この部分は私は個別に調整する。

難儀するのは毎回そうだけど、相変わらず楽しいよw
プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。