オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.29

 それまで黙って歩いていた足が、ピタリと止まった。
「シイナ?」
 一歩先を行ってしまってから振り向けば、足を止めたシイナは、いかにも深刻そうな顔で一点を見つめている。
「茶屋が見える」
「はい?」
 言われて思わず再び進行方向に向き直れば、確かに視界の隅にはありますね。峠の茶屋もとい街道の茶屋が。
「オレのカンが正しければ、この先しばらく茶屋の類は無い」
「はあ」
 うん、その通りです。
 ていうか、カンとか以前に、この先のうっそうとした林道を見れば、人家や店の類はなくなるだろうなということは容易に想像できると思うけど。すでに人気も殆ど無いこの近辺、茶屋があるだけでも驚きなくらいだ。
 だからこそ、重宝する旅人も多いって話なんだろうけどね。
「休みたい」
 ああ、それが言いたかったのね。
「いいけど、あんまり金ないんだぞ。甘いものとかガバガバ食うなよ」
 主食の後の桃色まんじゅうみっつは衝撃的だったぞ。あれが普段のペースなら、オレ、養える自信がありません。
「金なら持ってる。困らない程度には」

 じゃーあーなんでおごらせたー。

「甘いものはナシでもいい。むしろ茶屋じゃなくてもいいから、とにかく休ませろ」
 意外とオレ様なシイナ、なんかもう目がすわってる。
 そりゃどうせ、休憩無しには行けない道程なんだから別にかまわないけど、どこでもいいなら目の前の茶屋は関係ないと思うけどなあ。
 まあいいやと、客のいない茶屋の、ふたつしかない長いすのひとつに陣取った。

「女ってのは、本当に体力が無い……」
 自分でも不本意だと思っているのか、シイナはげんなりと姿勢を崩す。
「どこから来たか知らないけど、お前よく今までひとりで各所ほっつき歩けたな。魔法力でひとっ飛びとか、そういうのは出来ないわけ?」
「それに近いことはできなくはない。けど、この身体で、お前を連れては無理だ」
 あ、できるんだ。
 この身体では無理ってことは、本来の身体はさぞ体力もあったんだろうなあ。
 確かに女ってのは一般に男よりも体力とか少なそうだけど、一緒に旅なんてしたことがないから、どうも感覚が掴めない。そして男から女に転身したヤツの感覚なんて、もっとわからない。

「シイナさ、初めてその体に入ったときってどんな感じだったわけ?」
 そこが気になって気になって仕方がなかった。
 シイナは脱力したように空中に視線を彷徨わせる。
「そもそもはじめはこの身体も死にかけてたから、微動だにできなかったよ。そのおかげでヤツにも気付かれなかったけど、倒れたまま治癒の法で負った傷を治すのに丸一日かかった」
 治癒の法まで使えるのか。じゃあ多少傷つくっても治療費浮くじゃん。やったー。
「で、なんとか起き上がれるようになって、最初に……身体を触りまくったな」
 なんですと!!!
「シイナ、エロい!!」
「エロくない!! 当然の行動だ!! 自分の身体と全然違うんだぞ!! あちこちふにゃふにゃモチみたいに柔らかいし、全体ぽったりしてるし、腕なんか棒みたいでちょっと力入れればポッキリ折れそうなんだからな! そもそも重心から違うから、立ち上がるのさえ困難だったんだ!! お前も一度女やってみろ!!」
 それはたとえやりたくても無理です。いや、別にやりたくはないけど。
 ふーん。性別が違うってのは、色々大変なんだねえ。普通はそんな現象起こらないから、想像もしてなかったけどね。
「身体を作るまでに今までかかった。多分、もともと体力の少ない子だったから。見ろ、オレだってかなり頑張ったんだ」
 むきゃ、と腕に力こぶを作ってみせる。
 おお、普段全然わかんないし見た目細いのに、結構筋肉ついてたんだなー。
 でもできれば、腹筋を割るレベルまで行っちゃうのはやめといてね。って、別に本人の自由だけどさ。
「体力だけじゃない。魔法使う精神力を極力発揮できる身体にするのだって大変なんだからな」
 もらった身体で贅沢は言えないんだろうけど、だからこそ苦労も多いらしい。

 お互い3年間大変だったねえ。
「そんじゃあ、そんなシイナさんの努力を労って、蜜団子くらい食ってもいいよ?」
 それまで遠くを見るようだったシイナの焦点が、一気にオレに合わされた。
「おごりか!?」
 ……………………。

「……ひと皿だけな……」





==椎名の呟き==
シイナのキャラが、当初の予定と違うんですけど……。
まあこれはこれで作りやすいかも。あははは。

★『コーラス・ブレイド』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。