オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.29

「先生!!」
 全身塩まみれで駆け寄ってくる巡と芽衣に、朝比奈は渋い顔を見せた。
「お前らまで来るなよなあ……危ないぞ」
 呑気に呟くが、魔物の爪が食い込んでいるその肩からは、血が滲みはじめている。
「一番危ないのは先生だろ!」
 巡の叫びは的を射ている。が、いまこの場面で、誰が一番とか言い合うのも、既に空しい。
 巡と芽衣は、先程やったように、塩まみれの全身で魔物に抱きついた。朝比奈に負担をかけないように、そして踏みつけないようにするのは至難の業だ。
 もちろん、身体の大きいこの魔物は、巡たちの体重を受けても重みで潰れるようなことはない。が、やはり塩は効いているようだ。全身をブルブルと振って、彼らを引き剥がそうとする。
 振り回される巡たちも必至だが、下にいる朝比奈はそれどころの騒ぎではない。

 さらにそこに、かぼが飛び上がって魔物の背であろう部分に取り付いた。

「まったく、どいつもこいつも無茶をする……!」
 そこまでやったのだから、最後まで責任を持って押さえつけていろと命令を飛ばして、かぼは魔物の背をギュウ、と押さえつけた。その背後に、ミーシャがまわる。
「潰れる~……死ぬ~」
「今さら文句を言うな!」
 下でうめく朝比奈と、上から押さえつけるかぼ。巡と芽衣とミーシャと、誰かひとりの力が欠けても危険だ。5人がかりで精一杯だった。
「オレがここで逃げ出したら、みんな死ぬよなあ……」
 朝比奈が呟いた。
「ぬしがそうする人間だったら、はじめから命なんて懸けさせずに逃がしておるわ!!」
 朝比奈も、巡も芽衣も、言ってわからないのだから仕方がない。
 彼らがそうやって身体を張ろうとするなら、かぼだってそうしなければ皆の手痛い末路を目にすることになる。
「氷村さん……オレマジで死ぬって……」
 朝比奈が、頭上に位置する場所に立っている氷村へと視線を向けた。
 氷村は微笑で応える。
「まだ余裕そうじゃないか。逃げても死んでも皆無事では済まないのなら、生きて力を発揮するしかないよな? お前が一番はじめにリタイアするか?」
「オレは今、4人分以上の重量を支えてるってーの!!」
 吼える朝比奈を、巡は困ったように見下ろす。
「もうちょっと……耐えられる? 先生、辛い?」
「あー、気にするな。愚痴は言うが死にゃしないって……」
「そう簡単に死なせてたまるか、ボケ!!」
 怒鳴るかぼの身体の下で、魔物の身体がジワリと溶け始めた。
 あと少し。
 しかし、魔物のほうも大人しく浄化されるのを待ったりはしない。ブンブンと激しく身体を振って、かぼたちを振り落としにかかった。
「……クッ……離さんからな!!」
 全身の力を使って魔物を押さえるかぼ。ミーシャも、芽衣も、巡も、それぞれが全力で魔物を押さえつけた。

 ブン。

「のわ!?」
 ボタリと、かぼは朝比奈のみぞおちの辺りに落下した。
「ぐえ……ッ」
 うめく朝比奈。
「……な……」
 なぜ、かぼが朝比奈の上に落下したのか。
 魔物が、一瞬にしてその場から姿を消したからだ。
「なん……、どこだ?」
 状況がつかめない。かぼはキョロキョロと辺りを見回した。
 魔物が消えたのは、かぼの力によるものではない。本当に急に、その姿が消え去ったのだ。かぼだけでなく、魔物に張り付いていた面々が全員、あちこちに視線をめぐらせた。
 まさか、どこかに瞬間移動したのか。
 それほどの力を持っているなんて。

「そろそろ降りてやったらどうかな」
 氷村が、歩み寄ってきた。
「ぬ……」
 言われてとりあえず、かぼは朝比奈の腹の上から降りる。悪いなどと、実はこれっぽっちも思っていないところがかぼだ。
「魔物をどこへやった!!」
 かぼは、氷村に向かって怒鳴りつける。降魔の力で魔物を出していたのは氷村なのだから、その問いが彼に行くのは当然だ。
「私が消した」
 氷村はあっさりと言った。
「……消した……?」
 何故、なんのために。

「キミたちは、大丈夫なようだからね」
 氷村は、そう言って笑う。

「大丈夫って……」
 わけがわからない。
 大丈夫って、何が大丈夫なんだ。
 巡たちは混乱した。
 今の段階で、巡とかぼを引き剥がしたがっていた氷村の計画は、少しも達成されていない。なのに何故、彼は笑っているのか。何故、魔物を消したりする?
「もともと、オレたちを殺すつもりなんて無かったってことさ」
 朝比奈が、ムクリと起き上がった。
 眉間にしわを寄せるかぼたちには、朝比奈の言葉の意味もよくわからない。
「どういうことだ……?」
 そんなことしか言えないかぼに、朝比奈は苦笑を返した。そして、ジワリとにじみを大きくする肩の傷を気にもせずに、朝比奈は氷村を見る。
「説明、してくれるんでしょうね?」

 豆鉄砲を喰らった鳩のような状況の面々に向かって、氷村はただ、頷いて見せた。





==椎名の呟き==
じつにあっさりと、クライマックスは通り過ぎましたか。
しかし朝比奈の体力が凄い。しみじみ。

★『逢魔が時!』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2007年06月 | 07月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。