オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.26
……と関連付けたかったわけじゃないんだけど、偶然前回書いたSSの内容とかぶるような曲を歌わせてしまったよ。
あれを書いたあたりと前後して、すっごく衝撃を受けるオリジナル曲に出会ってしまってね~。
すっごくアップテンポなのに、めっちゃ悲しい歌でさー。
これはぜひ歌わせたい! ということで、実力不足のくせに課題曲として挑戦。
いやー、難しかった。

早口の曲って、ボカロには発音しにくいんだよね。
配布されてた譜面にそのまま歌詞を流し込んでしまうと、ほとんどの言葉が音飛びして聞き取れない。
まずはその調整からか!

最初は高音で作ってたんだけど、低音の方がいいんかなーと思って、1オクターヴ下げて作り直し。
しかしいざUPしたら、動画にする際の音質の圧縮により、ボロが目立つこと。
どうも伴奏より歌の方がコンマ1秒走り気味。
なうえに、ボーカルパートよりコーラスパートの方がさらにコンマ1秒走っている。
うわ~~がったがた。
まあそれだけなら自分のミスだからいいんだけど、なぜかUPした際に、動画の後半の構成が崩れている。
そんなあああああああ。
せっかく素敵なイラストを借りてきたというのに、これでは申し訳がああああ。
というわけで、あんまり口惜しかったので、同じのをUPするのも気がひけたので、高音のヴァージョンもあとからUP。
ボーカルとコーラスをひっくり返して音域に合うように微調整してるだけなんで、動画の構成はまるで変えてないという。
二度目は何とか成功。よかったああ。

もっとも、歌の下手さ加減は直しようがないわけですが……。


↓は先にUPした低音ヴァージョン。
ハスキーボイスで、思ったよりも、こもった感じ。
これはこれでいいんだけど、走り気味なのが……要修行。
そして動画の後半の画像の流れが少し乱れてます。


んで、↓これは後からUPした高音ヴァージョン。
1オクターヴ違うと、音飛びする個所も違ってくるんだよね。
電子音の部分がちょっと耳障り過ぎた。
MP3だとそうでもないんだけど、やっぱりね……。


*埋め込み画像をクリックすると該当ページに飛ぶので、ニコ動IDのない方は、「再生」ボタンクリックでこの場で視聴できます。

なお、上の二つの動画ともに、楽曲「Air...」の詞・曲の製作者はY様、画像はピアプロよりK子様のものをお借りしています。
両名に多大なる感謝を。

……なんかもうね、単にね。
動画の最後に入れた一言を書きたかったがためにUPしたような(笑)。
(一番最後の「ちなみに~」の部分)
そんなに悲観するなよカイト、とw
スポンサーサイト
2008.09.21

 息抜きがしたくて、河川敷まで散歩に来た。
 マスターは寝ころぶ。オレはその隣に座る。

「釣りしてるなぁ」
「子供達もたくさん遊んでるね」
「空は青いし」
「うん」
「天気がいいと眠くなるよなー」
「お昼寝してもいいよ」


「――で?」
「え?」

「つまんない?」
「なんで? つまらなそうな顔、してる?」
「浮かない顔してる」
「そんな事ないよ。幸せだなーって思ってただけだよ?」
「それが幸せそうなツラか」

「――」


「幸せ、だよ。幸せだから」
「……」
「あんまり幸せだから、それが終わる時の事、考えてた」
「……」
「現実、必ずある事。あなたがオレに飽きて、オレを起動しなくなるか。もし一生傍にいられたとしても、あなたが――オレを置いて、逝ってしまうか」
「……」
「いつかは必ず、その日が来るから。だから」
「……だから?」
「最期の時も、変らず『また明日』って言って、オレを落としてね。そして、その後は二度と起動しないでね。誰にも触れさせないでね。そうしたら、オレは来るはずのない明日を夢見たまま、永遠に眠りに就いていられるから」

「……」
「……」


「甘えんな」
「え?」

「お前がそうやって、オレがプログラムしたんじゃない言葉を吐くなら。オレのあずかり知らぬところで思考を巡らせるなら、それはお前に魂があるって事だ。同じ魂なら、同じ場所に行く事だって可能だろう」
「……」
「なら、オレがお前を置いていかなければならない時には、自分で追いかけてこい」


「きっとオレ達は、同じ場所へ行ける」

「いちいち未来の事考えて鬱陶しくなってんなよ。大体未来なんてのは、希望を描くためにあるようなモンだぜ」
「――」
「どうせオレ達、こんなにちっぽけなんだからさ」
「……うん」


 人も、木々も、鉄の屑も。いつかはこの大地へと還る。
 そして、土へと還るものも、そうでないものも。総てを抱え込んだまま、星もやがては宇宙(そら)へと飲み込まれて行くのなら。
 ここに在るものはみんな。
 同じ場所へと、行くのかもしれない。

 マスターと、オレも。

 こんなにちっぽけでしかないのなら、どれも同じ存在。
 おなじもの。

「ようやく笑ったな」
「うん――あなたが、笑うから」


 今日も明日も、その先も。
 オレは、あなたと同じ場所に行こう。








なんてな。
一作目の歌「歌の翼に、」の最初の歌詞には、こういう内容が盛り込んであったのですよ。
そりゃー痛いわな。痛い。重い。歌に合わん。
作り直してほんっとーに良かった。
てか、マスターがいなくなるより先に、PC技術が進んでKAITO起動できなくなる方が先なんじゃないですかね。Vistaで何とか起動してますよコノヤロウ。

しかしアレですね。
一緒に散歩してしまうカイトは、マスターが電源を入れているモノなんですか。
謎すぎる設定です。
私的には、ツインシグナルと永野ファティマの世界観を足して2で割ったような感じに考えてるんですがね。このブログでの限定的設定として。
そんでもちろん、歌に特化した作りになっているエンタメプログラムなのですよ。

きっとこのマスターは黒髪メガネくんに違いない。そしてツンデレ。
某場所での私のアバではありません、決して(笑)。
強いて言うならあすかコミックスの方の神様ゲームの多加良とか?
うん、そんな感じだ。
(色々いま決った感じ)


で、↓これは今日UPしたおしゃべり。
前回よりつまらんと思うのはきっと私だけではないはずだ。

↑埋め込み画像をクリックすると該当ページに飛ぶので、ニコ動IDのない方は、「再生」ボタンクリックでこの場で視聴できます。
2008.09.12

 楽しいですか?
 そう尋ねたら、うなずいた。
 
 大変じゃないですか?
 そう尋ねると、少しね、と答える。

 辛くはない?
 そう尋ねたら。

「おまえが幸せになるように歌を作ってるのに、自分が辛くなっててどうするんだよ」
 そう、笑った。

 すごく大変だし、苦しい。
 でも辛くはない。
 そんな幸せだってあるのだと、あなたはオレに教える。

 オレを幸せにするためにあなたが作った歌を、オレが歌う。
 その歌でオレもあなたも幸せになれるのなら。
 それは。


 ――うん。
 そういうこと、なんだろうな。







……と、曖昧に終わらせてみたりする(笑)。
オリジナル曲とかもやった方がいいんかなあ、と思いつつ、またクラシックで歌わせたい歌ができてしまったので、そっちで考えようかなーなんて思ってます。
遠いなあ、オリジナル(笑)。

ちなみに下のアップデータは、歌ではなくおしゃべりです。
俗に言うトークロイドです。
歌に特化したボーカロイドはお話は苦手なので、どうしてもロボロボしくなるんだけどね(笑)


↑埋め込み画像をクリックすると該当ページに飛ぶので、ニコ動IDのない方は、「再生」ボタンクリックでこの場で視聴できます。
2008.09.03
前回のコメ返しで「UPしてイタイことになったらいやだなあ」などと言いつつ、結局カイト動画をニコ動に投稿してしまった椎名さんがいますよ。

「上手くない」とか「地味」とか言われたらどおしよお~とか、変なプレッシャーかかって心臓ばっきばきでしたが、今のところ優しいコメばかりで安心。
ひとりでもふたりでも、マイリスト(おきにいり)に追加してくれたら嬉しいなあって思ってたのに、予想を上回ってくれたのもまた嬉しいvv

前回、歌詞やり直しだの声が合わないだのと言ってましたが、歌詞を変えたら、声はあまり気にならなくなったので、少しだけ改変してかすれたような声のままで作成しちゃいました。
うん、まるっきり椎名の好みの声で仕上がってるんですな。
歌詞は、その後8割くらい改変しちゃいました。
ほんっとーに、最初に作った歌詞そのままだったら、痛いどころの話じゃなかったわ;;
でもまあ、椎名は作詞家ではないので、やっぱりショボい事に変わりはないんですけどねー。


↑埋め込み画像をクリックすると該当ページに飛ぶので、ニコ動IDのない方は、「再生」ボタンクリックでこの場で視聴できます。

↓は、ニコ動の作品紹介より抜粋。

【そこいらに放り出された譜面を見て、何となく弾き語ってみちゃったらしいカイトです。
 緊張感ゼロのゆるゆるな歌い声です。
 曲はメンデルスゾーンの「歌の翼に、」
 ピアノデータは昔UP主がコチコチ打ち込んだものです。
 歌詞は、既存の歌詞の和訳ではなく、UP主オリジナルです。
 しょっぼい歌詞ですんませんです。
 世界各地のKAITO→それぞれのマスターへの想いをv
 とかデカい目標掲げて大惨事。
 これが初めての作品&初UPです。
 画像はピアプロより【空】→はぼぞ様、雨司様、
 【カイト】→大河内様、キヨト様、ヨルコ様にそれぞれお借りしました。
 本当にありがとうございました!】

まあ、暇で仕方ない時にでもどうぞ^^

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 10月
 日  月  火  水  木  金  土
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。