オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24 逢魔が時! 第三話【おじいさんの水盤】…5

2007.04.20

 二人きりの和室で、巡と荘二郎は、しばし無言で向き合っていた。

 再び天笠和菓子店を訪ねた巡だが、今日はかぼはつれてきていない。というよりは、かぼ自身がついて来ることを辞退した。
「どうせ、黙って聞いていることしかできないからの」
 というのは、かぼの談。おそらく、これから巡が荘二郎から聞きだそうとしている話の大筋を、かぼはもう理解しているのだろう。そしてそれがどんな内容であれ、かぼは反抗する気も意見する気もない。ならば、巡が自分で聞いて、自分で判断した方がいいだろうと、そう考えたのかもしれない。
 巡の方にも、確信できていることが少なくともひとつはあった。

「なんで、嘘をついたの?」
 巡の言葉に、荘二郎は無言のまま見返してくる。
 ミズは今、巡の家でかぼたちと遊んでいて、ここにはいないから直球での会話が出来る。正確には、巡が心置きなく話を進められるように、かぼがミズを家に呼び出したのだが。
「天笠さんがミズを良く思ってなくて、それで水盤をいい加減に扱っているなんて、嘘だ」
 だって、ミズはシュークリームが好きだと言っていた。
 天笠和菓子店が、洋菓子であるシュークリームを店頭に置き始めたのはいつだ。巡の考えが間違っていないなら、それはちょうど、荘二郎がミズと出会った頃ではないのか。
 巡がシュークリームをもらったとき、荘二郎は言った。シュークリームが食べたいと言っている子がいると。それはミズのことだろう。だから、いつでも彼女に食べさせてやれるようにと、むしろそれが一番の目的ではなかったのか。
 ミズは、シュークリームの存在をテレビで知ったとも言っていた。どんな形でかは知らないが、ちゃんとテレビだって見させていたということだ。
 ミズのことを、その魂ですらどうでもいいと思うくらいにうとましく思っているのなら、そんなことをするだろうか。
「なんで、そんな嘘をつくのかが知りたい」
 荘二郎の言を嘘だと決め付けて、巡は話を進めた。
 多分、間違いではないだろうと。
「……」
 荘二郎は、一瞬だけ目を閉じる。
「あまり深入りをさせて、嫌な思いをさせるのもどうかと思っていたのだがな……あれから考えたが、お前さんも物の怪と共にある身、あまり子供扱いして隠すのも良くないのだろうな」
 物の怪というものの性質を知っておくのも悪くないだろう、と、荘二郎は前置きした。
「私の水盤の扱いは、以前も今も変わってはおらん」
「……え?」
「変わったのは、ミズの方だ」
 言いながら、荘二郎はほんの少しだけ、ため息をついたように見えた。
「どういうこと?」
「水盤に張る水も、活ける花も、これまでとなんら変わってはおらん。水盤で花を活けるのに最良であるはずの水を、そうでないように感じるようになったのは、ミズの方だ」
 荘二郎は、再び目を伏せた。
「寿命なのだよ。ミズのな」
 荘二郎の率直な一言に、巡は目を見張った。
「……寿命?」
 荘二郎が本当のことを言っていないというのはわかってはいたが、今のその言葉は予想外だった。というか、巡にはその言葉のちゃんとした意味が、上手く頭の中に浸透してこない。
「我が家に伝わる水盤はな、随分長いこと大切に扱われてきたが、これといった名品ではない。銘もない数物のひとつだ。これまで良くもったものだとさえ思える」
 それは、つまり?
「もう限界なのだよ。ミズの本体である水盤は、もう壊れかけておる」
 つまり。
「本体である水盤が壊れたら、ミズの魂も、保ってはいられまい」
「……」
 人間が年を取っていくのと同じように。
 そしていつかはその生涯を終えるのと同じように。
 形のある物はいつかは朽ち、その役割を終えるときが来る。
「知っての通りであろうが、ミズは水盤そのものの物の怪ではなく、うちにある水盤のそれだ。その水盤が壊れれば、ミズはミズとして生きてはいられないということだ」
「……そんな」
 ミズは、年老いて生涯を閉じようとしている存在なのだと。
 荘二郎は、そう言っている。
「物には必ず寿命がある。今が、ミズのその時なのだ。だから、どんなに大切に扱ってやろうが、朽ちかけているミズの身体は、それを正常には感じ取れなくなっているのだよ」
 美味しいと言っていた水を、美味しく感じられなくなってしまったのは。
 ミズの魂そのものが、老いて消えかけているから。
「それを薄々感じ取ってはいるはずなのだがな。ミズは表面上認めようとはしていない。だから、多くを言えないでいたのだが……うちの水盤は、もういつ壊れてもおかしくはない状態だ」
「ミズが……」
 消えようとしている。
 そして彼女は、それを認めようとはしていない。
 だから、美味しくなくなった水を、おじいさんの体調不良のせいにしようとしている。

 語られたことの意味を悟るのに、頭が追いついてこなくて。
 どう反応していいのかもわからないまま。

 巡は、俯いた視界に広がる畳を、ただ意味も無く見つめていた。





==椎名の呟き==
でも、テレビでシュークリームを見るっていうのは……。
シューのCMとかってあまりなさそうだし、食べてるシーンのあるドラマでも見てたのか?

★『逢魔が時!』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年03月 | 01月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。