オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27 逢魔が時! 第三話【おじいさんの水盤】…8

2007.04.27

 ミズが、急に弱くなった。

 この一日二日で、ミズの姿を見なくなったと思っていたら、ミズは水盤の前でじっとしたきり、ほとんど動かなくなっていた。
 今にも死にそうという訳ではないが、水盤の縁に腰掛けたまま、ただぼんやりと一日を過ごしているらしい。その表情も、明らかに精彩を欠いている。
 天笠家に様子を見に来た巡は、我知らずに緊張を覚えた。
 隣に立つかぼは、表情ひとつ変えていないように見える。どんなことを考えているのかも、巡には読み取ることはできない。
 巡とかぼの姿を見て、ミズはその来訪を喜んだが、すぐにとても悲しそうな表情を見せて俯く。
「もうずっと、ミズ美味しいお水入れてもらってないよぉ。どんどん元気じゃなくなっていくんだよ。どうしてなのかなあ?」
 荘二郎の体調を気にしていたミズだが、ここへ来てそんな余裕も無くなって来ているらしい。それに、体調が悪いはずの荘二郎は、いたって普段通りの毎日を送っている。
「なんでかなあ? おじいさん、そんなにミズのこと嫌いなのかな。嫌われて、放っておかれて消えちゃうなんてことないよね? おじいさん、どうしてる? 元気なのかな?」
 荘二郎のことを気に掛けているというよりは、自分のことに必死になっているように見える、今のミズだ。
 巡は、どうすればいいのかわからない。
 このままでは、ミズは本当に、自分は嫌われていると誤解したままこの世から消えてしまうことになるのではないか。そんな風に思った。
 本当のことを、言ってやるべきなのではないかと。
 けれど、それを知らせてどうなる?
 キミは荘二郎のせいではなく、自分の寿命が尽きて消えていくのだと。
 ミズにしてみれば、同じことではないか。
 それにこれはおそらく荘二郎とミズの問題であって、巡が口出しすることでも無い様に思える。けれど。このままミズを黙って見ていることしか出来ないなんて。ミズがいなくなってしまうかもしれないという事実も悲しいが、それをこうやって傍観するしかないことも、悲しい。かぼの言う『嫌な思い』が、こんなところにも形を成している。

 スルリと音を立てて、巡の背後の襖が開いた。
 そこに、荘二郎が立っている。

「天笠さん……」
「おじいさぁん」
 荘二郎の顔を見ると同時にその名を呟いた巡の声に被るように、ミズの呼びかけが部屋に響いた。
「おじいさん、そこにあるのは新鮮な、綺麗なお水? ミズに持ってきてくれたの? もうおじいさんは元気になった? ミズのこと嫌いで、いじわるになったんじゃないよねえ?」
 矢継ぎ早に問いかけるミズ。
 いじわるなどと言われなければならないことを荘二郎がしていた訳ではないが、そう言われても荘二郎はもちろん怒り出すこともなく、その手に持つ水筒を水の目前に掲げて見せた。
「これは、今日そこの坊主と嬢ちゃんがミズのためにと持ってきてくれた、小川の清流の水だ。この前、お前が私にと持ってきたものと同じな」
 正確に言えば、あの時運んできたのは巡だが。
「今朝、水盤に入れてやったのはこの水だ。どうだ?」
 そう言われて、ミズはわからなそうな顔で首を傾げる。
「……?」
 言われている意味がわからない。
 だってミズが元気をなくしているのは、荘二郎がミズのために綺麗な水を用意してくれなくなったからであって。すなわちそれは、ミズの水盤が大事にされなくなったからであって。そうでなければいけないはずだ。
 他に、ミズが元気をなくす原因の心当たりが、あってはいけない。
 本当は、水が綺麗かどうかが最終的な問題ではない。この家の水盤が、魂というものを形作るほどに大切にされているかどうかが問題なのだ。
 愛で生まれた魔物は、愛が無ければ存在し続けられない。
 だから逆に、大切にさえされていれば、ミズはずっとここにいられるはずなのに。
 ちゃんと綺麗な水を与えられてもミズが元気にならないのは。
 本当は水盤なんてもうどうでもいいのに、仕方なくやったことだから?
 そんな風に、思いたくない。
 けれど、そんな風に思いたくないけれど、じゃあそうでなかったとしたら、どうしてミズは、どんどん弱くなってきているのか。
 ミズがたどり着く結論は、ひとつしかありえない。

「ミズ……認めなさい」

 荘二郎の一言に、ミズは両目を大きく見開いた。
「出ていた方がいいかの?」
 かぼが小さく呟く。
 だが、荘二郎は緩やかに首を振った。
「お前さんがたが嫌なのでなければ、構わん」

 小さな声で言う荘二郎は、ミズに本当のことを話すつもりでいるらしかった。





==椎名の呟き==
ここまで書いてきて、まだ導入部分から抜け切れていない気がする今日この頃な作者!
完全なキャパ不足だな、これは……;;

★『逢魔が時!』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年03月 | 01月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。