オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

54 逢魔が時! 第四話【魔と降魔】…21

2007.07.16

 自分の母体となる人間を傷つけ、命を奪う物の怪。
 そんな彼とは逆に、少女は生まれた子供を心から慈しんだ。

 神域とされるその場所に捕らわれ、奪われてその身に宿した禁忌の子供。
 その子供や自分に対し、物の怪である彼が、何がしかの情のようなものを傾けることはない。けれど少女は、人間と物の怪の魂を分けたその子供を愛した。
 己の中から生まれ来る命を愛さない理由が、彼女にはなかったのだ。

 子供が生まれるまでの間、ずっと物の怪の傍で半ば監禁されながら過ごしてきた少女だったが、子供のために、人の里へ下りなくてはならない。何もない山の中で身ひとつで、物の怪に投げ与えられるだけの糧では子供を育てることは出来ない。けれど。
 鬼と呼ばれる物の怪は、それでも自分が人と同じように作り出した子供というものに、興味のようなものは抱いていた。だから、子供を育てるために人の里へ帰ろうとする少女を、繋ぎ止めようとした。
 否、子供を連れ去るというなら、殺してしまおうとすら考えていたかもしれない。
 育てる親が無ければ子供も生きてはいられないと、彼はもう憶えてもいないのだろう。
 別に、その子供を愛しているという訳でもない。

 分かり合えない物の怪の傍から、少女は逃げ出した。

 鬼と呼ばれた物の怪は、今や本当の鬼のようだった。人々を殺め続けたその身体には鋭い牙と爪を持ち、その刃は容赦なく振るわれる。子供を庇いながら山を下る少女は、何度もその刃に傷を付けられた。

 木々が分かたれる。
 人家が見え隠れする。

 人里まで降りることができれば、少女は助かるはずだった。

 何とか彼の目から逃れて家々の狭間に隠れ、息を潜める少女。
 しかし彼女の命を絶ったのは。
 鬼の爪ではなく、人間の持つ武器だった。

 鍬か、鉈か。それが何かは、背後だったからわからない。
 後頭部に受けた衝撃を、地面に倒れ伏す少女が自覚していたかどうか。

 これが、鬼の子を宿した女だ。
 この赤子が鬼の子だ。


 人は。なんて。
 ――人は、悲しい。
 何かと交わっては生きて行けない、彼らが悲しい。
 結局逃げることしか出来なかった、自分が――悲しい。


 いつの間にか降り出した雨に地面は湿り、広がる赤の血が、土の色と混ざり合う。
 目を閉じることも叶わなかった少女が最後に見つめていたのは、その赤に染まった土の色と、自分の目の前に立つ、小さな少女の姿だった。




「その時に、わちがその赤子をさらって逃げたのだよ」
 かぼは、ため息のような言葉で締めくくった。
「……」
 僅かな間、その場の面々には言葉もない。
「……どうして、かぼが? その子をどうしたの?」
 巡が口を開いた。
「ヤツの所業は、風に乗って物の怪たちの間に広まっていたからな。人間と、あってはならぬ接触のしかたを繰り返すヤツを制裁しようと、多くの物の怪がその場に集結していた。わちも様子を見に行ったひとりだった訳だがな、いたたまれなくなって、子供だけは救い出そうと、そう思っただけだ」
 そうでなければ、子供の命もその場で奪われていただろう。
「禁忌の子だ。だがその子供は、何も知らん。せいぜい運を天に任せる程度の権利はあっても良かろうよ」
 だからかぼは、その子供を遠く離れた集落の、人間の家の前に捨て置いた。
「物の怪では、人間の子は育てられん。誰かに拾われなければ自然に消え行く運命の命だったろうが……生きる力が、あったようだな」
 こんなに永い間、その血を絶やさずにいたとは。
 そして何より。
 何も知らないはずの赤子。
 誰がそれを育てたかは知らないが、その里親ですら、その子供の出生は知らなかったはずだ。
 なのに、代々その末裔にまで、その出生が語られているということは。
 それを最初に伝えることが出来たのは、ただひとりだ。
「やはり、ただの子供ではなかったということだな……」
 その赤子は、生まれたばかりの己に起きた出来事を、記憶していたのだろう。
 自分がどうやって生まれ、どうやって生かされたのかを。
 自分の父親が何者で、母親がどんな末路を辿ったのかも。
 物の怪は、そのほとんどが自分がどうやって生まれてきたのかを記憶しているものだが、その力が、その子供にも受け継がれていたということか。

「そして、その血を受け継ぐ代々の子供たちは皆、己のルーツとなる鬼――物の怪の記憶を、多かれ少なかれ持っている」

 氷村の口から伝えられる真実。
 だから彼らは、話としてだけ知っているのではなく、己と深く関わる過去の出来事として、そのことを知っているのだ。欠片でしかないその記憶は、随分と曖昧なものではあったが。
 己の身体を構成する物の怪の細胞は。偽物であるが故に、どれだけ代を重ねても、消えて無くなることはない。
 偽物の遺伝子。
 けれどそれは、確かに受け継がれていた。

「人を憎んでいた物の怪の記憶と細胞を継ぎ、しかし魔を受け入れられない人間として、私たちは長い時代、命を繋いできたのさ……」

 その末裔である氷村の表情は、苦渋に満ちたものだった。





==椎名の呟き==
台風の影響か、ここ二日間回線が死んでおりました……;;
この辺の過去物語は、もっともっちりと長くできちゃうんですけど、ちょっとうるさいので控えめにしておきました^^;
実は第五話にも引っかかってるんで、ここではさわりだけ、みたいな?

★『逢魔が時!』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。