オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21 Beautiful World ~鋼鉄の都市07-1

2008.02.01

*ROシドクスクエストにつきネタばれ有り、ご注意願います。

---7真実の模索

 どさり。
「う……ッ」
 経験した事のない空間移動にバランスを崩したララクセルズは、その場に膝を着いてしまった。座り込んだままその場を見回す。突如変わった周りの風景。瞬間的に空間移動したのだと理解するには、少々の時間を要した。
 薄暗く、誇りっぽい空気。巨大な建造物の中のようだが、あちこち崩れ落ちていて、それが施設として機能していない廃屋なのは、一目瞭然だ。
 それに、纏わり付いてくる嫌な空気。
「な、なんだここは……」

「ララクセルズ!」

「うわあ!」
 突然真後ろにシイナが現れたので、ララクセルズは仰天して尻餅をついた。
「し、シイナ」
「バカ! なんでこんな危ないマネするんだ!」
 いきなり怒鳴りつけられて、ララクセルズはムッとして立ち上がった。
「バカとはなんだ! 元はと言えば……」
「走れ!」
「うわっ!」
 ララクセルズの腕を掴んで走り出したシイナの後方には、いつの間にか湧き出した得体の知れない化け物がいた。土色の身体はあちこちが腐っているように崩れ落ちていて、直視に耐えない。
「グールだ。気付かれた」

 薄暗い通路を走り抜けて、大きな空間に出た。
 奥には祭壇があり、巨大な十字架が掲げられている。そしてそれを仰ぐような形で並べられた長椅子。しかしそれはどれも朽ちて長いこと放置されているようだ。
「ここは、どこなんだ?」
 息を切らすララクセルズに、シイナは怒った顔で答える。
「修道院跡だ」
「……ここ、が?」

 人がいないところならどこでも良かったのだ。
 とにかく、誰もいない場所に逃げたかった。
 しかしワープポータルから移動できる場所の数には限りがあって、シイナが空間を繋いである場所で人のいない場所は、ここしかなかった。それでもシイナひとりならどうという事もない場所なのだが。
「ここは危険なんだ。それを……」
 いや。
 わかっている。不用意にこの場所への道を開いてしまったのはシイナだ。こうなることを予想するべきだった。けれど彼らの前から逃げ出すことしか考えていなかったシイナに、そこまで考える余裕はなかった。
「……すまない」
「……」
「ポータルをもう一度出す。それに乗って君は帰れ」
 その場にポータルを作ろうとするシイナに、しかしララクセルズは首を振った。
「イヤだね」
「ララクセルズ!」
「そうやってオレも誰も追いやって、いつまでお前ひとりで何もかも抱えたままでいるつもりだよ! それで生きることも死ぬことも! 最後までひとりで何でもやれるつもりでいるのかよ!!」
「……ッ!!」

 言葉が痛い。

 その通り。
 何もかもを、ひとりで最後まで抱えきれるはずがない。それはわかっている。
 けれどだからこそ、誰かがそこに介入してきた時に、その人まで抱え込む余裕なんて、どこにもない。
 今回のように命の危険すらある事態に誰かを巻き込むなんて、シイナに出来ようはずもなかった。
 だから。それならば、抱えるしかないではないか。

 何事かを言いかけたシイナだったが、周りを囲む気配にすばやく視線をめぐらせた。
 まずい。囲まれている。
 ここはのんびり話をしていられる場所ではない。
 ララクセルズも、一瞬遅れて自分たち以外の存在に気付く。
 数体のグールがゆっくりと迫ってきているのが見えた。逃げ道はない。

 他のモンスターが見当たらないのが救いか。これならララクセルズを連れていても、何とかなるかもしれない。
 シイナはゆっくりと身構えた。





==椎名の呟き==
実際は、修道院に直にポータルを繋げる事はできないんですけどね。
演出上の効果ってことでw

★『Beautiful World』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。