オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌歌わせの苦悩

2008.08.27

 ――ああでもない。
 これでもない。

 何度やり直しても。
 前よりも良いものができると信じて上書きを重ねても。
 直感を信じた以前のものの方が良かったなんて、ざらにある。

 そして、もうそれは、二度とは生み出すことのできないもので――。

「だーめだッ!! ちがう!!」
 バシっと丸めた紙を投げつける。
 それをただ眼で追う――青い髪と瞳を持つ青年。ちょこんと正座している。
「マスター、あんまり無理しなくても……」
 それじゃあダメなんだ。
 オレがちゃんとしたものを作らなければ、お前がちゃんとした歌を歌えない。
 それがわかってるのに、できないと逃げるのは。
 そんな事のために、お前を手に入れたんじゃない。

「――カイト。ちょっと声出してみろ」

 急な言葉に、カイトははて、といった感じで、それでもふわっと口をあける。

「アーー」

 うん。いい声だ。
 いい声なんだが。
「やっぱり、この曲には違うんだよな。ちょっと囁くような、かすれてるくらいのがいいと思ったんだが、オレの選択ミスだ。もうちょっと、透きとおった感じのがいいな」
 この声もとてもいいからもったいないんだが。

「ア、アーー」

 うん。これくらいで、とりあえずはまだ調整してかないと。

 大体、ピアノ弾き語り風、なんて地味にもほどがあるってんだ。
 地味なら地味なだけに、聴かせるための工夫が必要。
 ちゃんと、きちんとした曲を提供してくれる人の作品を使ったら、もっと上手くできたのだろうか?
 みんなが聴きたくなるような、素晴らしい歌を?
「それなら、お願いして曲を借りてくればいいんじゃないですか? マスターがそうしたいって思うなら」
 いや。
 そういうのも、ダメなんだよ。
「これを作ると決めてこれまでやってきたんだ。それが上手くできないからって作品のせいにして、すぐに違うものに鞍替えしたって、やっぱり上手くいくはずがないんだよ」
 いい曲を借りてくるにしたって、今作ってるこれを、ちゃんと形にして完成させてから。

 正確に言えば、今のこの曲だって別にオレが作ったわけじゃない。
 古い作曲家の作った、つまりクラシック音楽だ。
 オレのPCの中にピアノ音での作成データが残っていて、これに歌を付けて歌わせてみたいと、オレが思った。
 だから。
 この曲のせいにするのも本当はお門違い。
 この曲だって、十分に素晴らしい。
 ダメなのはつまり、オレなのだ。

「お前はせっかくなんでも歌える実力を持ってるのにな。他の、もっときちんとした人の所に行ってれば、もっと沢山のいい歌を歌えただろうにな」
 すまん、と呟くと、カイトはふるふると首を振った。
「オレは幸せですよ? オレのためにそんな風に一所懸命になってくれるマスターを見ていられるなら。それにマスターはちゃんと、オレに歌を歌わせてくれる。時には無意味なおしゃべりだって、だまって聞いてくれる」

 オレは幸せですよ。

 カイトはまた言った。

 オレがポスンと頭に手を置くと、カイトはそれを受けて、ただ、ニッコリと微笑む。
 まだまだ、頑張れるなと――思った。








なーんて腐女子ちっくな妄想は置いといて、と(えー)。
実際のところはというと。

「なんで、なんで? 曲は悪くないはずなのに。カイトの声だってこんなに綺麗なのに! 歌わせるとなんでこんなにつまらなくなるんだ!!」
 そりゃあ、まだ一音ずつの調整は手を着けてない。
 だから平坦なのもわからなくはない。
 でもなんで、こんなにつまらないんだ!?

 まず、声が合ってないことに、フルコーラス歌わせてから気づく。
 せっかくいい声を見つけたと思ったのに、この声なら斬新な感じで歌い上げることができるかな~なんて思ってたっていうのに。
 やっぱり違うのか。がっかり。

 それとアレだね! 一番の原因ね!

 歌詞が悪い……………………。

 休日数時間を使って、直感だけでハメコミした歌詞じゃあ、そりゃあつまらんだろう。
 しかし、事ここに至って、自分のセンスのなさに絶望する。
 普段物書きなんてやってるから、歌詞がまずくどい!
 そのうえ、クラシックを意識しすぎて詞が抽象的すぎる!
 ていうか一言で言ってダサい!!
 教科書に載ってるような童謡の歌詞だって古い表現はあるが、これよりは遥かに良い!!
 プロなめんなって話だね!!

 下手は下手なりに、ち ゃ ん と 。 やらなきゃダメだよやっぱ。

 ボカロ用のシャカシャカしたカッコイイ曲とか聞いちゃうとね。
 そりゃあ自信もなくなるってもんでさ。
 ピアノの一音だけで、古いメロディーをちまちま奏でるだけしか能のない自分が嫌になったりもするわけだけど。
 それならそれで、聴かせようがあるってモンだ。
 弾き語りの何が悪い。
 悪いのは、努力の足りないこの私だ。
 作曲の才能だってそりゃあるわけないさ。昔何曲かしょっぼい曲作ったことがあるってだけで、実際は勉強もしたことのないただのシロートなんだから。
 実際の歌だって、下手じゃないだけで、そんなに上手いってわけでもない。だから、カイトの歌唱指導だってイマイチなのは当たり前。
 しかし、千里の道も一歩から!!

 まずは、ダサかろうがカッコ悪かろうが、今よりもマシな歌詞を作ることからだろお!?

 すでにフルコーラス分のカイトの打ち込みは終わっているのだからして。
 曲との合成だって、準備万端だ。
 やれる事、やらなきゃいけない事はごまんと残ってる。

 がんばれーがんばれー 私!!

 カイトを素敵なカイトにするためにね!!



……以上、
ボカロKAITOにハマって歌作りに励んでいる、大変残念な人の妄想と実態、でしたorz



人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



コメント
No:16|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/29 21:21|by -| |編集
No:17|
コメントレス>
08/08/29 21:21 カギコメさま

どうも、わざわざありがとうございますv
まさかあそこからいらっしゃるとは。
ソコに反応、ありがとうございます(笑)
あ、はい、存じてますよ。よく遊びに行ってます。
今作ってるのも、UPできたらなあ~とか思わなくもないのですが、あまりイタイことになったらいやだなあ、なんても思ったりして;;
ことボカロに関しては、あまり自信がないものでー。
(ほかなら自信あるのかというと、そういうわけでもないですが)

また、お時間のある時にでも遊びにいらしてくださいねv
2008/08/29 22:37|by 椎名|椎名 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。