オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈落、攻略の具体的感想とか

2009.06.10
長くなりすぎるんで、別記事にしてみたりw
*ゲーム奈落の城の攻略、ストーリーについて、盛大にネタばれしています。
あと、なんか記事が腐女子向けなんでご注意のほどを。







共通ルートでは、なんだかな、お互いの普段の姿を語る時の和と日織があまりに嬉しそうなので、姉さん見守るしかできませんでした。
日織の情報は和に、和の情報は日織に聞けといった感じで。自分の事よりも相手の事をよく話す。とにかく話す。
作中通して和で目立った台詞といえば、ダントツで「日織」。そして「馬鹿!」(日織に向けて)かね。
大して日織はやはりダントツで「和さん」(これ「なごさん」と読みます)と「こういう人なんです」(和の事)
とにかく相手の名前をよく呼ぶ。
日織が失踪してからの和はもう頑張れとしか言いようがなくてですね。
もちろん和は頑張る訳ですが。ヘタレで通る彼ですが、実は土壇場では物凄く強い人なんですよ。怖い事を恐れるがゆえに、それを回避しようとする能力が飛びぬけている。
ある意味ニューヒーロー。
隠れている日織は心配しつつも楽しかったろうなあ。そういう和見てるの。


で、分岐地点でまず入ったのがティーロルート。
ティーロかザックかヴィンスから選べと言われれば、自然ティーロに行きたくなりますよ。
最初はこの3人からしか選べないし、日織が失踪しちゃうんじゃ仕方ないやね。
彼を探しだすために誰かと協力しないとね。
ザックも悪くはないんだけど……熱いし……。ネリー大好きなのはいいけど、お前ちょっとうるさいww
ヴィンスは私の大好きなオッサン属性なるも、オカルトマニアなのはちょっと……うざかっry
というわけで、まずは執事さんティーロルート。

正直申し上げまして、私自身は和のパートナーとしては日織以外アウトオブ眼中だったので、あくまでトゥルーエンドへの布石として、通らなければいけないルートという印象は拭えなかったですが……ちょっと、ほだされかけましたww
ははは、けっこう可愛い人ですね。
これは、他の人のも見てみた方がいいかもしれないとかちょっと思った訳ですが。
それはトゥルーエンド見てからね。

で、ティーロルートのうちにバッドエンド全部やっちゃおうかなーと思って。
(あ、そういや城に入らず帰国するエンディングは見てないや)
3日目で日織と日本に帰る平和な、でも全然何にも解決していないエンディングをまず見て。
その後、虐殺エンド。
その後もその後もその後も。虐殺エンド。
あのー、何度やっても虐殺エンドになっちゃうんですけど。日織と脱出エンドを迎えるには、どこまで手を抜けばいいんでしょうか?
6~7回虐殺エンドを迎えたあたりで、ようやく理解。
ああもしかして、最後の最後で失敗する位でいいのか!
ある意味一番見たかった日織と脱出エンドをやっと堪能。
日織の一番エエ笑顔は実はこのシーンかもしれないとか何とか。
多分、和だけが生き残るエンディングってないよね。日織だけってのも。
どっちも死ぬかどっちも生きるか。
和が殺されるゲームオーバーとかだと、絶対その後全滅してるはずだし。
そして脱出エンドは二人だけが生き残るとw
あ、ジョージもか、この場合。
とにかく、何においても和最優先の日織の性格が垣間見えるエンディングです。

そして、ティーロルートのルートエンドの後味の悪いことといったらww
ほとんど解決してないので、まるでバッドエンド。
トゥルーエンドであるアルノルトルート以外は、実は全部後味悪いんだけどね。
少しくらい執事さんと仲良くなったって、このエンディングじゃあ和が可哀想すぎる。

このシナリオやってて、なんか犯人割れたんですけどね。
何でそう判断したんだか、自分でもよくわからんのですが。どこかに明確なヒントってあったっけな。
でもなんかぼんやりと、犯人この人だろうなあと何となく思ってて。その時に、千絵子が挙動不審というかな出現の仕方とかしてくれたので(最後に犯人捜してるシーンとか)一瞬あれ? とも思ったですが。
でも、犯人は割れても色々と謎は残ってて。
うーん、次の攻略ではどこまで判明するんだろう、とか。


ティーロルートをクリアして、次に入ったのが三笠ルート。
クレアも興味あったんだけど腐女子としてはついついつい。それに彼、私の同士だし(前の記事参照)。
ちなみに三笠、クレアのルートは、前述の3人のうちどれかのルートをクリアしないと入れない事になってます。

三笠はねー。頼りになるし、第一印象は結構悪くなかったけど……実は、ルートに入ってからは微妙……だったりなんかして……。
あの、あんまり和に近寄らないで戴けますか。←そこかよ
そしてこの時点で、日織が実はどこにいるかがネタばれしているので(最初の攻略の時に判明しているから)、それが楽しすぎるww
もっとも私は攻略情報見ながらやってたので、ルートクリアする前からネタばれはしてたのですが。
和、そこー! みたいな。

三笠ルートの何が辛いって、三笠を捜しに地下迷路に行かなきゃいけないのが……。
迷宮の最深部まではいかないけど、それでも辛かったよ。

三笠ルートでは犯人追い詰めるところまでは行ったから、ティーロルートよりは判明している部分も多いけど……でもほとんどがまだ謎のままで、前回と、イメージはあんまり変わらず。
三笠エンドで一番納得できないのは、事件後帰国した和の心情を慮って、自分がいると事件の事を思い出してしまうだろうからと、ひとり日本に帰れずにいる日織を差し置いて、和にメールなんぞ出しているところが……!!!
(普通に考えて、本当に普通の行動です。椎名が腐ってるだけです。現に三笠はその事実に大変驚き、早く日織に連絡してやれと言っている)
ていうか、日織のその発想も凄いんだけどね。あんた、本当に和さえ良ければそれでいいんですか。
確か、城への観光の後、仕事入ってるんじゃありませんでしたっけ。
売れない役者が仕事ドタキャンしていいの?


で、三笠をクリアしたらやっと、やっとアルノルトルートが開きますよ!!
このままトゥルーエンドまっしぐらでもいいんですが、アルルートから派生する日織ルートと和ルートもクリアしておきたい。
まずは日織ルートを見ちゃおうかなと、わざと途中で三笠を見殺しに。
そして日織ルートのはずが、さらに派生してなぜか和ルートエンド。
あれ??
和ルートは、アルルートから派生する場合と日織ルートから派生する場合があるんですがね。
CG回収のためとはいえ、相変わらず後味悪い。しかも和ルートのエンディング画像、バグでアルバムに入らないし。
日織ルートも同じく後味悪し。
回収したCGも……なんだかなw
ちょっと寂しいんだ、そのエンディング。

というわけで、本格的にアルルート。
他のルートでも日織の失踪の謎とか解けるけど、このルートではそれが最速。
失踪する計画のはずが、和のせいで出来なかったクレアとか涙目ww
日織の失踪の謎について、アルを問い詰めるケースと、日織自身を問い詰めるケースがあるんだけど、ここはやっぱり日織でw
本当はアルの方が本筋だとは思うんだけどね。アルルートなだけに。
変装してた日織をとっ捕まえて白状させるシーンは一番楽しかったかも。
夜中に見せた意味深な行動、重要事項とも取れるそれを、三笠や他の人ではなくわざわざ「僕に」見せた事を、そんな事をするのは日織しかいないとか言いきっちゃう和ww
そして確かに、そんな事をするのは日織しかいないし、日織なら絶対にそうする。
だってこの人、基本的に和の事しか考えてないから。
(自分が絶対に守るのは和だけど、事件を解決できるのは和しかいないと本気で思っている)
そして「泣かないで下さいな」と和をなだめる日織は本気で嬉しそうだ。
和も突っ込んでたけど、変装中の日織は和に言いたい放題だったよね。
和的には、わざと怖がらせるような事言って楽しんでたとか責めてたけど……お忘れでしょうがこのエセ能力者、アンタのオーラを陽だまり色とか言いやがったんだぜ?
そんな人は他にはいないとか、いけしゃあしゃあと言い放っていたのよ?
どんだけ和が特別なのよ、あんたにとってww

そしてアクションゲージが案外残っていたので、ここぞとばかりに何度も何度も日織に話しかけ。
温泉の話題を振ったら思惑通りに和を誘うし。
あんた、わかりやすすぎる。

失踪役となった和に飯を持ってくるかいがいしさも素晴らしいし、これ本当にアルルートなんですか。
いや、私が悪いのか。
アルに毛布を掛けてやる役、ティーロに取られたし。
(和との新密度が高ければ、和の役になるはず)
私があまり相手にしてないだけですね、すんませんww
そして和の危機にはさっそうと現れ犯人をビンタ!!
いや……あまりの速さにビンタしたようにしか見えなかっただけなんですが。
台詞が王子様過ぎてもう……私が幸せ。
「誰も助けになんて来ねェよ」的な台詞に対し、瞬速で割って入り、
「お生憎ですがね…
…俺は何があっても守るって約束してんです」
この約束って、雨格子の時のじゃないですかww
城の崩壊を止めた和をさっそうと迎えに行き、その手を取り、大の字に寝転んだ和を起き上がらせるその姿、どこから切り込んでいいのやら。

もう……なんだかな……君たちは……。

そしてアルルートなのに、帰国後に手紙をくれるのは日織。
何故日織ww
そして、帰国できなかった時はメールだったのに、国内ではなぜ封書。
普通にメールや電話のやり取りもしているのに、なぜこの時代に手紙ww
日織は初めからそうですが、未だに昭和時代を生きている人だからね。26歳に見えないんですけど。
プラス20歳くらいでも通用するんですけど。
で、やっぱり旅行に誘いますか。
あなた、よほど行きたいんですね。和さんと。
(ここで誘っておくと、次回作が出来た時に布石にできるってのもある訳ですが。前回もそうだったし)
まあ……次回作は、今は影も形もないから、あんまり期待はしてないんですがね。

じゃあ次に遊びに行くのは温泉ですか??
でもって旅館じゃなくてホテルに行くんですよね。
(旅館は、なんか怖そうだからと和が嫌がっているため。ホテルの方が怖い気がするのは気のせいかね)


気をつけて行ってらっしゃい。
私は雨格子を洗い直しにかかります(忙しいんじゃなかったの……)

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。