オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ本腰入れてみないと

2009.12.13
行き詰まってるわけじゃないけど、カイトの調声が幾分かのろのろ。
単純に疲れちゃって、長い事集中するのが辛いだけなんだけどね。
でもそろそろ終盤に差し掛かっているので、一気にやっちゃいたいところだなー。
クリスマスは投稿ラッシュだから、そこはできれば避けたいし;;
(エンコの順番待ちも相当きっついのね)

一個前に仕上げた焼き芋の歌も、動画が出来上がりそうな雰囲気だし、私には珍しく新作の連発になるかなー。
なるといいなー。
雰囲気がかなり違う二作品だけどね(笑)

最近うっかり自分の事を「調律師」と言いそうになるのはエア・ギアの影響だろなー。
無論、ボカロ使いの方で調律師、を名乗る方も結構いる訳ですが。
(大体調教師か調声師か調律師を名乗る。主に好みと感性の問題だと思う)
正確には調律というのは楽器に対して使う言葉なんだけど、ボカロってのは人間の声をベースにした「楽器ソフト」だったりもするので。
調律とは、多くの場合がピッチ合わせの意味で使われる。
そうなると、ボカロに対して調律というのはどうなのか。

ある意味当てはまります(゚Д゚)

歌の雰囲気や使用楽器に合わせてイントネーション調整したり、そもそも私の場合だと、ピッチは最重要項目でガシガシいじる部分でもあるので。
演奏前調律も、演奏中の調律もやってるようなものだからね。
ここでのピッチはいわゆる語感や人間っぽい発音、という意味合いで調整されるものだけどね。

何にせよ、調律師だろうと調声師だろうと、その人がいないとボカロはまるで役に立たなくて、歌を歌う事も出来ない。
けれど、その調律師はあくまで裏方で、主役は歌うボカロなのです。
こういう裏方作業って大好きd(゚▽゚)b
声出しとチューニングの二人一組ってなんかカッコ良くね?
とか今さらミーハーな事を言っているボカロ使いがここにひとりいます。

キミは光、ボクは影ですよーーv
↑実はこの黄金のカップリングは大嫌(ry 何でもないですごめんなさいごめんなさい
分からない人は全力でスルーを。
わかる人も全力で。
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。