オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこ考察 EP.3

2010.07.08
例によって、うみねこをEP.6まで読了したブログ主が、いくつかの目的を持ってEP.1から読みなおして考察しています。
ので、当然ネタばれ全開です。
それと、EP.6までのヒントを踏まえたうえでの復習なので、その時点では出てきていない情報もちょいちょい出てきます。
それと、ブログ主、大変に頭とカンの悪い人間です。
一生懸命推理するほどに、外れます。
推理小説で解答を導き出せたことなどこれっぽっちもございません。
ので、参考には決してなりません事をご了承ください。

以降はネタばれ区域なので、読みたくない人や、読みたくてもこれからプレイ予定のある方はご注意ください。
ご覧になってしまった後の苦情は受け付けかねます!

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
EP.3 リアルタイムメモ
そういえばサバトリーチェは肖像画に返り咲かないのかな流石に、
などと思いを馳せつつ(意味不明)
 
=====

 
冒頭、先代ベアトリーチェと「姫様」。
このシーンを見た時に、もしやベアト=朱志香? とか思ったんだよな。
結構見た目も似てるし。ワルギリアとの位置付けも、遠くないしね。
(ワルギリア=熊沢で考えた場合)
年齢で考えれば、紗音でも合うんだけど。
実際問題いつの時代なんだかね。

秀吉と一緒のときの絵羽はあまえんぼさん。
こういう後悔をしつつ、紗音にはあんなに辛く当たってたのだとしたら、譲治の将来云々というよりも、ただの息コンだよなぁ。

戦人だけ、6年前の記憶があやふや。
色々あったせいかもしれないけど……伏線?
「また来るぜ、シーユーアゲイン。きっと白馬に跨って迎えに来るぜ」
……これが6年前の戦人の罪につながるってのは、考え過ぎ?
これが事件の引き金かもしれないって予想を立ててる人がいた。まるで的外れって事はないと思う。
6年前の戦人は、ちょっとだけ紗音を意識してた。淡い初恋。
思春期にありがちな恋心だろう。

「俺たちと恋仲になれそうなのは嘉音くんひとりしかいない」……いつ聞いても気になる、戦人のこのセリフww
「朱志香と」って言ってくれよ頼むから(爆)
それともまさかのヒント、伏線なんてことは。

戦人いわく、つがいってのは互いが互いを認め合うこと以外に何もいらない。
なるほどねぇ。だからベアトともねぇ。

真里亞の薔薇は、風雨に耐えられず折れて無くなった、が正しいんだろうか。
それを認められない、真里亞の心がこの部分のテーマ?
ベアトはおそらく、他の薔薇に金のモールをつけただけ。

ロノウェ登場。
この人の笑い方って朱志香に似ているという印象。皮肉屋なところとか。
「戦人さまと握手をかわすには、充分な雰囲気作りと相応しい場、そして心に響く甘い言葉と肉体言語の交わし合いが必要ということですね」
お ま え www
戦人逃げて、関節技が来る!(違
迫られて赤面する戦人もどうよ?
実際いいコンビだから、対決も見てみたい気もしないでもないんだけどね。
戦人的には同性の方が色々な意味で気兼ねがないんだろうな。
恋愛よりも仲間意識を重視したいお年頃だし。
エピ7以降どうなっちゃうんだか……。彼らの存在の補完があるのかどうかも実際怪しいしなぁ~。
ちなみにロノウェの笑顔はかなりチャーミングだ。
(そしてエピ7OP確認、一応彼の出番はあるらしい・笑)

人生に失敗したことのない、誰も養ったことのない戦人たちには、金の重みは実感としてわからない。
本当に綺麗事じゃないんだよ。
けど、それで幼い子供を傷つけていいことにはならんのだけどね。
こういう場面を見ると、大石の年金騒ぎ思い出すなぁ。

隠し屋敷ねぇ。
エピ1での戦人がそこに隠居してたら面白いな。狩猟の名人になってそうな悪寒。
六軒島の爆発事故ってどんな規模だったんだ??

霧江の「驕り」という言葉に反応するときの絵羽の表情が気になるな。
カチンときた感じ。
単に見下されていると感じてのことか?

しっかしよくもまあ……。
こんな性格のキャラ描けるな。←ロノウェ
このすっきり気持ちのいい口の悪さは尊敬するわ、キャラ作りという点で見習いたい。
そして駒たちの物語を、ロノウェが来るまで、ひとりでぼーっと眺めていたらしい戦人がかわいい。

今思えば、ロノウェも回りくどい戦法をとってるな。
さっさと19人目を否定しないのは、戦人をより追いつめるためか。
単純にその役回りはベアトのものと理解しているがゆえか。両方かな。

楼座、ベアトリーチェを殺したと告白。

過去の話。19年前。ベアトリーチェの一人称。
自分は何者なのか。いつからここにいるのか。
生まれた時からそこにいた? 外に出てはいけなかった?

戦人は情に弱い。普通の人と同じレベルで弱い。
ベアトの悲しみをどこかで察して、じわっと近くなっていく距離を感じる。上手いな。

ベアトが金蔵の呪縛から逃げるためには、肉の身体を捨てるしかない。
一度は肉体を捨てたが、金蔵によって呼び戻され、新しい人工的な肉体に閉じ込められた。
どうとるべきか……子供説?

ロノウェ、美味しいところで出てくるなぁ、ホントに。

隠し屋敷は存在すると赤で認定。

ベアト連中は何か、戦人を取り合ってるように見えるよな。七杭は、遊び道具だとでも思ってるんだろうけど。

楼座が語るのは20年ほど前の出来事。
何のために生まれてきたのかわからないというあたりが、当時のベアトと重なる。

ていうか楼座の思い出話の間に戦人肉塊にされてるし!
しかも普通に慣れてるし。

ローザとの逃亡中に、ベアトは死んだ?
死んだおかげで、魔女としての記憶を蘇らせた?
そして今まで、魔力をため続けていた。
この辺を鵜呑みにしてはだめだろう。
楼座との件で、実は死んでなくて記憶喪失……なんてファンタジーも思いついたんだけど、やっぱり死んでるんだよねぇ。

19年前に、金蔵と会話してたベアト。楼座との出会いは?
その前? その後?
楼座は20年ほど前、のはず。曖昧。
でも楼座との件があって、「死んでいる」と赤字。
重箱の隅つつきみたいだけど「ベアトリーチェは死んでいる」と言っていないのが気になる。
考え過ぎ?
死んでるとするなら、それこそ落とし種がいて、まさか、それが19年前の男だなんて。
ベアトと戦人が親子だったら笑うわ。

1日目のフラッシュバック。今度は熊沢だけが出てこない。
もしやキーパーソンか。

第一の晩の犠牲者に金蔵。

紗音に生きることを説くベアト。まるでベアトの方が人間のようだ。
つまりは、そういう事なんじゃ。
もう今のベアトは戦人に見えるよ。

書斎にて、紗音、嘉音、源次死亡。

郷田が、素だと普通に「俺」とか「恵まれねぇ」とか言っちゃってるのがかわいいぞ。
厨房で郷田死亡。

中庭にて熊沢。死亡、しない。
何度見ても、それはねぇわああぁぁぁぁぁああ……orz

熊沢、ワルギリアに。
フラッシュバックで彼女がいないことは何か関係あるのかなー。
ワルギリア死亡で、熊沢死亡と定義。

戦人が本当はファンタジー大好きと発言するベアト。
そのまま解釈していいかね。

戦 人 キ レ た ww
しかし戦人、ホントに物知りだな。
原理を理解できれば、魔法は魔法でなくなる。この物語のテーマだ。
この世界では、現象は「主張」でしかない。
ブラウン管を分解するのではなく、相手を言い負かし、双方で勝敗を決めろ。
仏教の弁論大会にも似てるな。
やっぱり……この話、戦人の知識に基いて進行しているように見えるんだけどなぁ。

金蔵の死体が出てくる時ってのは、蔵臼、夏妃、南條が怪しいんだよね。
犯人としてではなく、真実を隠蔽している人間として。
金蔵がとっくに死んでるのを知ってるんだから。
誰が遺体を用意した?

ベアトは18人の駒をすべて奪った後で、19人目の魔女として君臨するつもりでいる。
つまり、最初から18人すべてを殺すつもりもある。
しかし実際は18人(エピ6時、正確には16人)しか生きている人はいない。
もう死んでいる人間、いるはずのない人間ですら、この事件の被害者に仕立て上げている。
つまり、ベアトを数に入れないなら、自殺、相討ち、あるいは、エピ2以降の殺人がすべて幻想、または犯人など誰もいない、という説も考慮できる。
少なくとも、エピ6ではヱリカが犯人だったんだから。
誰を犯人にしてもいいという事。
重要なのは、ここ。
殺人の犯人を突き止めるのは、ありなんだろう。犯人がいようがいまいが。
それは、各エピソードで同一犯なの? それとも、それぞれで違うの?
それとも、もともと殺人など起きていなかったの?
各話で検死結果が出ている場合もある。ここをどう見るべきか。
それに赤で他殺認定されていることも多いよね。

戦人のセコンドはワルギリア。
悪いことは言わない、戦人、逃げてぇぇぇ。鯖女に食われるううぅ。

ベアトリーチェの密室定義発動。
一階客室で死亡していたのは紗音。
その遺体が所持していたマスターキーと二階客室の鍵により、発見者は二階客室へ。

二階客室で熊沢発見。三階控え室の鍵発見。

三階控え室にて郷田発見。二階貴賓室の鍵発見。

二階貴賓室にて源次発見。地下ボイラー室の鍵発見。

地下ボイラー室にて金蔵の遺体発見。礼拝堂の鍵発見。
魔女からの手紙を発見。

礼拝堂で嘉音発見。一階の客間の鍵を発見。

ベアトの赤字により、6人は全員死亡していると確定。
6人は即死。攻撃を受けて即座に行動不能になったと断定。(金蔵がいるからね、ちょい曖昧……)

トラップで死んだのではないと、ベアトは赤で断定。
その後のトラップ定義で口ごもる。ベアトの中でトラップの定義が曖昧であったという事。
ベアトの視点では、トラップ以外の何かで死亡したのが確定しているから、という事でいいのか。
全員が他殺であるか、の復唱要求には、ここでは答えず。
誰も自殺ではない、と赤字。
事故死ですらない。赤で言いかけた。それを止めたのはロノウェの作戦。

多重人格説で行くなら。
嘉音が存在としての紗音を殺し。ベアトが存在としての嘉音を殺したなら。
成立はする。
紗音の遺体発見と嘉音の遺体発見にはそれだけのタイムラグがある。
そして一階からなら、礼拝堂に行くには一番近道。
その場合、紗音の遺体はどうなったのか?
開けた鍵はどうした?

残った大人たちが碑文に挑戦。一種のアナグラムではないかとの見解。
これはヒントか、可能性潰しか。しかし多分正解。
本来碑文と殺人事件は何も関係がないのではないかと予想。
殺人があったとしたなら、それは碑文の見立て殺人か、偶然の一致か。
碑文は独立した存在。殺人を犯して黄金郷に到れという意味ではないはず。

碑文を絵羽が解読。
黄金を発見。自分ではなく、真っ先に譲治の事を考えている。
これが真実ではないのか? 絵羽。

楼座も鍵を発見。鮎の川に悩み過ぎた。

この碑文、右代宮一族が外国名前なのと関係してるのかなぁ。してそうだよなぁ。

エヴァ・ベアトリーチェ誕生。
ベアトは名を失ったから何かいい名をつけてくれと戦人に頼む。
「ベアトとベアトリーチェで区別はつくだろ」と一蹴。
戦人にとって、ベアトリーチェは黄金の、無限の魔女の名。ベアトは親しき友人の名、か。
「ベアトリーチェ」という名の人物を「ベアト」と呼ぶつもりはない。
彼の中で、ベアトはひとりだけ。

勝者は絵羽。これは何を意味するか。

密室連鎖の殺人を、戦人は事故と定義した。にもかかわらず、第2の晩の殺人は起こると確信している。
そこにどう辻褄を合わせるというのか。

ベアトリーチェの名は、誰にでも引き継げる。

エヴァの行為にキレる戦人。結界張ってるしwww
そう、人間はたまに、程度で物事を決めてしまうのさ。
きれいに殺そうが非道を尽くそうが、殺人は殺人。
情状酌量の余地は、行為にではなく動機に求められるべきもの。大概の動機は行為につながるけれども。
戦人が密室殺人の討議を「面白い」と感じていたのは事実だろうに。
人が死んだのは事実だろうに。
でも人間って、そうなんだよ。
意地悪のための残酷さは理解できても、純粋な残酷さは理解できない。
だから戦人はベアトに失望した。
人間の鏡(NOT鑑)のような男だww

碑文を解くとどうなるのか。
魔女を永遠の眠りにつかせる。確かに今回もそうだ。
しかしそれは、新しい魔女の戴冠を意味する。今回は、絵羽。
だとしたら、黄金郷へと導くのは、ベアトではありえない。
でもベアトは真里亞を黄金郷に連れて行くと約束している。なんでだ。
碑文なんか解かなくても、黄金郷へと連れて行ける。
逆に、碑文が解かれたら連れていけない。
意味わからん……。

ベアトが駒にちょっかいを掛けて、諭す。
戦人を戦線に呼び戻すための作戦。

真里亞、楼座、薔薇庭園で死亡。他殺。赤で確認。

戦人のベアトに対する憤りは、たぶん他にも理由がある。
ベアトに消えろと言い、ベアトが従う。でも戦人はそれさえも不満。
お互いを認め合い、楽しみを共有できているはずなのに、そこに生じる感覚の差。
多分戦人は、ベアトを認めてしまっている。
友人なったつもりはないと否定しつつも、周りにはそう見え、おそらく、自分でも、友人と接するように、ベアトを認めている事実を、懼れていたりはしないか?
本当はベアトと勝負したいのに、ベアトの行動が不愉快。ジレンマ。

エヴァはいわゆる、絵羽のシャドウでFAでいいんだろうか。

霧江、表に出たいと主張。
籠城を崩すエヴァの作戦発動。
食物調達のために、留弗夫、霧江、秀吉が屋敷へ。発案者は霧江。

霧江と明日夢の出産予定日が同じだったってのがなぁ。

ペンドラゴンのシエスタ姉妹兵召喚。
しかし彼女たち、好きだ……45と410のコンビがいいよなぁ。
あのうさみみ異様に可愛い。

秀吉は、絵羽が黄金を見つけた事をこの時点で知っている。
秀吉はエヴァを止めようとした。だから殺された? 最初は殺す気はなかったはず。
留弗夫、霧江、秀吉死亡。

すんません、抱き合って泣く譲治と戦人が、某ドルマゲスとサーベルト兄さんのように見えてしまうんですが。その、譲治の台詞が。

戦人が 偉 そ う ww
ベアトに説教とかww
うーん、深いな。戦人の弁がではなく、この行為が。何か意味がありそう。
ゲームの意味を、ベアトよりもより深く理解しているかのような戦人の言動。
ベアトの成長を促すというなら、じゃあこのゲームは誰が作ったと言いたいの。
ベアトがゲーム盤をこしらえて、戦人を招待したはずでしょう?
戦人の言葉には、さらにその上位意思があるような雰囲気がある。
だから、疑ってしまうんだよw

譲治、紗音を蘇らせるために魔女の力を望む。

蔵臼と夏妃がいなくなってるのに、「見回りか、不用心な」と落ち着いている絵羽は明らかにおかしい。

ベアトリーチェが、紗音を生き返らせた。そういう事。
本当の意味で、紗音は死んでない。
このベアトは、駒のベアトのはず。紗音=ベアトリーチェは崩れない。
譲治、紗音死亡。紗音、ここで初めて死亡。
(もっとも、ホントに紗音死んでて、このシーンは幻想、譲治は単に紗音を見にきて死亡してる可能性もある訳だけど)

この場において残っている人物で怪しいのは、南條なんだよなぁ……。
紗音の検死をごまかせるのも、金蔵の死を知っていたのも、ここでは彼ひとり。
物語は絵羽を犯人にしているけども……

戦人の誕生日は7月15日。

南條は本当に死んだのか?

朱志香と嘉音の逢瀬は、まぼろし、かな。実現するはずがない。

しかしロノウェは美味しいとこ取りなんだよなー。
かっこいいぞ、ロノウェ。

戦人がエヴァ召喚ww
ベアトがゲーマスのはずなのに、こんなに自由に好き勝手できる戦人って、やっぱり存在疑うよ。創造者なのではないかと疑ってしまう。
戦人、ベアトにしろエヴァにしろ、まるで「偽の」魔女を相手に据えて打ち負かしているように見える。
では、もしも、戦人が本物の魔女と認めたなら。
まあ、早計だな、エピ3だし。

ベアトは必死に霧江の遺体を探査する。
しかしゲームマスターはベアト。本当は知っているはず。すべて。
はじめてエピ3やったときには全く気付けなかったけどさ!

戦人、絵羽、南條の遺体を発見。ホントに死んでるの? マジで?
南條他殺、赤で確認。
人間のベアトリーチェ、すなわち仮定で紗音にならできる。
が……
ベアトは赤で魔女を否定する。戦人には耳を塞がせ。
耳を塞がせてな!
何を言ったんだか……。

本当に、絵羽だけが犯人? 絵羽が犯人? 複数犯の可能性は?
一日目と二日目の殺人の犯人は、同じなのか。
絵羽が秀吉や譲治まで? 理由があるのか。邪魔されたからとか。
譲治が死んだはずの紗音といちゃいちゃしてたからとか。
紗音を殺そうとして譲治がかばったとか。
素で殺す理由は、ない。狂っているのではない限り。

背中合わせで座っている戦人とベアトは象徴的。
そしてこの二人は、こういうの似合うなぁ。
抱き合ってるのも悪くないんだけどさ。それはそれで萌えてるんだけど。

黄金郷へと至る戦人とベアト。
戦人、これはエピ1でのティーパーティと同じシチュエーションだぜ。
エピ3で私が一番気持ち悪いと感じたシーンだなぁw
誓約が必要な奇跡なんて、ないんだよ戦人。

けどベアトが選んだのは、それでもゲームを続行させること。
わざと、戦人に認めさせない道を選んだ。裏切り者と言われたとしても。
そこに、このゲームの理由があるんだろう。
苦しそうなベアトの顔、見てらんねえなぁ。

縁寿登場。
はじめからお兄ちゃん子パワー炸裂だ。

本当に絵羽が犯人か。
ならどうして、こんなに縁寿を恨むのか。
秀吉譲治を、殺すつもりでなく殺してしまったのだとすれば、そういう心情になってしまうのもわからなくはないんだけど。
もう逆恨みするしかないから? それもありうるけど……。
ただの逆恨みは確かにありうる。縁寿は唯一、絵羽の慰めになれるはずの存在だったから。
それをしなかったのは縁寿だから。
どうなんだろうなぁ。
なんか絵羽(だけ)が犯人って、綺麗に納得できないんだよなぁ。
そして、特に読解力に長けている訳でもない私が納得できないという事は、そういう風に作られてるはず、なんだよなぁ。


ところで……
エピ3で出てきた金蔵のホムンクルス云々のあたりが、戦人がベアトを作り直そうとしている(EP6)行為に重なる。
戦人と金蔵が似すぎている。
だから魔女幻想の作り手=戦人にしたくなっちゃうんだよなぁ。

それにしても、どうしていとこのみんなは全員きれいに縁寿の話題を出さないんだろう。
去年まで一緒に六軒島に来ていたはずなのに、ほとんど話題に上らない。

そして、私が仮定した、エピ2以降が戦人の作りだした世界であるなら。世界が彼の知識を下敷きに作り上げられているなら。
ベルンもラムダも一応創造可能では、あるんだよね。
だって戦人は「ひぐらしのなく頃に」って小説読んでるんだから。
そしてそうだった場合、縁寿(グレーテル)の存在ですら、幻の可能性もある。
だってこの縁寿は、「絵羽が生還した世界」でしか存在できないはずなんだよね。
絵羽が生還していないなら、あんな酷くはなっていないはず。多分。
ベルンが「カケラから拾ってきた」と言ってるんだから、それはそれで不思議はないんだけども。
エピ6での彼女はどうだった? エピ6再プレイで確認しとこう。
そして観測者としての彼女はどういう位置づけなのか。

テーマ : うみねこのなく頃に

ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。