オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と こ ろ で … 【ふと思ったEP.3】

2010.07.11
エピ3考察の続きになる……かな?
そういや考えてなかったというか思いついたことというか。

例によってネタばれなのでスクロール。





 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベアトが死んだあとの楼座ってどうしたの?
マジで黙ってたの?
遺体はどうしたのさ。

ていうか、本当に死んだのはベアトリーチェだったんだろうか。
実は死んだのは楼座で、ベアトと入れ替わって彼女が楼座になったとか何とかはドリームすぎるか?
対戦でのベアトは赤字で「遺体に関して」「間違いなく死んでいる」とだけ言った。
誰が、と言わなかったのが気になる。そして戦人もそこは復唱させていない。
その後楼座に成り代わったなら「ベアトリーチェは死んだ」ことになるんじゃ。
20年ほど前って言ったらすでに絵羽と留弗夫は右代宮家にいないよな。
確か以前、戦人が言われてたよなぁ。あなたは本当に戦人くん? って。
遺産を狙って入れ替わったりしてないか、と。
6年ものタイムラグがあれば、入れ替わってもわからない場合もなるんじゃないかとか。
この台詞自体が、こういうケース(入れ替わり)もあるって事の伏線にはなってないか。
言ったのは誰。楼座だ。
どうやって本家に帰ったかとかはともかく、もしもそのことを金蔵が知ったら?
どうとでもしてくれるんじゃないのか。
楼座と入れ替わらせる必要があったかどうかは謎だけど、戸籍を与える事は出来る。

でもいくらなんでもバレるか。

でもって落下原因は、実は夏妃が落とした使用人と赤子が上から降ってきて巻き添えくったからだとか。(ぇー
死ねるぜそれはー。ついでに浮かばれん。
で、赤ちゃんだけ助かって家に連れ帰り、金蔵がどうにかこうにか……とかとか、何というファンタジー。

ていうかこの説だと、楼座がその後外に出ることが不可能となってしまいそうな気が。
金蔵に食われるーー。
でも表向き親子だからってんで、対面を重視……するんだろうかこの爺さん。
そもそも、19年前の実在した人間のベアトリーチェを、金蔵は本当に盲愛してたんだろうか。
なら、ベアトに謝りたいのは何故?
愛しすぎて閉じ込めたことを謝る? この爺さんが。
何がしかの愛はあったような気がする。けど、他にも何か事実があるような気がする。

で、たとえばその「楼座」がその後真里亞を生んだとするならば、真里亞が金蔵に愛されないのは当たり前。
右代宮家の血が流れていないばかりか、ベアトと見ず知らずの男の娘だとしたら。
そして本当に真里亞は「魔女」の子供という事になるよな。
楼座の中にはもともと「悪い魔女」もいる表現されてる訳だし。
楼座だけが、真里亞の名前を勝手につけたってのも気になるんだよなー。

ベアトリーチェ=楼座
も、視野にいれたくなってきた。

しかし、とりあえずまとまらん文章だなー。
この説だと色々辻褄合わせも大変だぞ?
まあとりあえずメモだし。

テーマ : うみねこのなく頃に

ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。