オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咎狗TBPのこと

2010.12.27
アニメの咎狗もまあいろんな意味で楽しかったっちゃー楽しかったんです。
噴きどころ満載で。
1話に一回は噴くとか、すごいアニメだったわ。
色々盛り込みすぎで、最後には結局カオスになっちゃってたのがアレなんだけど。

でー、咎狗の血TBPも手に入れたことだし、これでちょっとまた自分を軌道修正してみようかななんて、始めてみたんですが。
(私はPS2の咎狗TBは未プレイなので)

アニメに負けず笑えたわどうしよう。

以下感想、BLゲーム話題&ネタバレにつき、記事を下げます。
それと、現在源泉ルートしか攻略してません。
(相変わらずこの女は……)

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
普通にえっちいだけの18禁ならいざ知らず、それ以外の要因もある18禁を全年齢に直すと、こうもおかしくなるものなのか。
まあ咎狗の世界観っつったら、犯罪者の巣窟となっているトシマに流通するドラッグ、ラインと、殺し合いのイグラ、この辺がテーマになっているわけだけども。
コレが全年齢向けとなると。


CFCや日興連すら脅威と感じている犯罪組織ヴィスキオ。

その組織が中心となって日々繰り広げられている殺人ゲーム、イグラ。

そのイグラの参加者たちが公然と手を出している、原料も何もかも謎の


ラインという名の栄養剤。

え い よ う ざ い て。

クッソ噴いたww
ヴィスキオ、犯罪組織でも何でもねーじゃねーかwww
栄養剤ばらまいてるとか、どこの慈善事業だ。(いや、金は取ってるから慈善じゃないが)
まあ殺人OKなゲームとか主催してる時点で犯罪っちゃ犯罪だけどさ。
そうか、ドラッグはアウトなのか……。それとも自主規制か。
ライン中毒者って単語も使ってなかったもんなぁ。
いちいち「ラインの副作用を起こした人間」って言い直してるのが。
緊張感が葛湯のように蕩けていくのを感じました。

身体の関係に関する直接的表現も色々変えられてるから、ゲームの雰囲気がなんかおかしいというか、展開が苦しいw
よく考えたら、咎狗ってエッチだけじゃなくて世界自体が18禁だよね。修正するの大変だわ。
開発はすごい頑張ったんだろうけど、いやぁ、かなりツボって大笑いしたわ。
アキラのいるシーンで酒だの煙草だのが出るたびに「アキラが飲酒年齢、喫煙年齢に達している」ことを強調する台詞が挿入されているのもおかしかったし。
オイチャンの台詞必死だし。「吸える年齢だろ?」とってつけたようなww
そうか、何となく年齢不詳だった彼、TBでは成人していたか……。
狗君の衣装とか、何気に変わってたし。あれはあれで似合ってたよ、うん。

さて、オイチャンルートですが。
彼は、えっちいシーンだけ省いちゃえば、シキだのケイスケだのと違って、変更はほとんどかけなくていい展開なんだよね。
だからあんまり変化もないんだろうなーと思ってプレイしてましたが。
色々省かれる代わりに、亡き息子とのシーンとか挿入されてましたね。
それにしても源泉、なんで息子相手にあんなに遠慮がちに話してるんだろう。
これは、あれかな。息子は息子なりに、現状で幸せを感じてはいたけども、源泉としては、父親として色々足りてないって思いがあったのかね。なかなか傍にいてやれなかっただろうし。
奥さんにも、仕事のこととかあんまり話せなくて、そのせいでケンカになったことだって年中だろう。
守秘義務のある職場ってのは、理解がないとね……。
とはいえ、奥さんだって理解がなかったわけじゃなくて、単純に息子が絡んじゃったせいで、その時ばかりは源泉を責めるしかなかったんだろうなぁ。
あれは仕方ないわ。
とかまあそれはともかく。

そのなんだ、咎狗って、世界観がこう、サードディヴィジョンとかの影響もあるし、トシマっていう魔窟の環境もあるし、いわゆる「そういうこと」に対する感覚が麻痺しちゃってる中で(いわゆる欲に対して男だの女だのがどうでも良くなってくる、みたいな)ついつい感情と欲に任せちゃった結果、身体のつながりが出来ちゃう、みたいな関係もあったわけですよ。もちろん、気持ちもちゃんとついてきてはいるんだけど。
その部分がとっぱらわれてしまうとですね。
なんというか、勢いに欠けるというか。
面白くなると言うか(爆)
なだれ込むようにそんな関係になっちゃったアキラと源泉の感情がピュアすぎて、逆にこっぱずかしいと言うかね。
(なだれ込むようにエッチしちゃった方が、まだ直視できた)
源泉しか攻略してないけど、他の人どうなんだろう。
まあ、ケイスケはどうとでも出来るでしょうが。あれは素でアキラのこと好きだから。

やー、恥ずかしいっつうか恥ずかしい。
源泉よ、その展開でそこまで切羽詰るあんたってどうなんだ。
(そりゃ普通に考えれば男が男を好きになるって、切羽詰るのも無理ないんだけど)
しかも、別段からかいまじりに押し倒されただけで何もされてないアキラが、いきなり源泉を脱がしにかかるって、どんだけ積極的なの。
本家では、しっかり触られてたから、仕返しって意味合いがちゃんとあったんだけどねー。
親子ほど年の離れてる男同士が、告白のし合いで完結する様ってのはこう……初々しいを通り越して、ひたすら恥ずかしいわ。見ているほうが。
ていうか、源泉の「知らんぞ。どうなっても」の台詞はさすがにカットしたほうが良かったんじゃないかなぁ。
「やめるなら、いまだぞ」まで言って(この場合、身体じゃなくて気持ちのことに内容はすり替わってるんだろうけど)ベッドにまで誘導して、

添い寝しただけじゃねーか。

知らんぞ、どうなっても、とまで言われて覚悟を決めてベッドに上がったアキラたんの立場は!!!
(いや、このアキラはそこまで考えてないだろうが)

え? 添い寝シーンの前に、ちゃんとやることやっちゃってたとも取れるって?
それはない。ぜったいにない。そんな事になっていたなら、起きてから、オイチャンにキスされたことを思い出してペットボトルの水にむせるなんていう初々しい反応をアキラが見せるはずg(少し黙れ)
……まあ、あれですね。
添い寝中の会話の応酬とか、完全にこう、ちゃんと恋人同士の会話みたいなことになってたのが(言葉のイントネーションとか)、なんつーか、ニヤニヤしましたが。
そうでなくともこのふたり、本家では中盤からすでに熟年夫婦のようでしたから。

源泉がトシマで夢を見ないってのは、ある意味、それが夢なんじゃないかな、と思ってみたり。
眠っても暗闇で、他に何もなくて。
本当に夢を見ないなら、寝てすぐに目が覚めるとか、まあそれに近い感覚があると思うのね。
けど源泉は暗闇を見ているようだから。
そもそも、その暗闇が、夢なんじゃないだろうかとか。そんな夢しか見られないっていう。
いい夢が見られるようになるといいねぇ、アキラたんと添い寝して。
(基本的にこのふたりは割と一緒に寝てそうだし)
そういうのを、源泉がぽつぽつと話してても、ほとんど何の反応もしないってのが、なんつーか、個人的にアキラのいいところというか、そんな風に感じるな。
変なフォローだとか慰めだとか、余計な口をきかずにただ受け止める。
まあ、本人的には、そんな真似が出来るほど器用じゃないだけって話なんでしょうが。

色々と言ったけど、でもとりあえず、本家ではビジュアルが用意されてなかった「ちゅー」のスチルが入ってたのがよろしかったです。
まあその分「時明かり」でがっつりやってましたけどねこの人たち……。

余裕が出来たら、他のルートもまわります。
その前に、本家のほうの源アキルートリアルタイム攻略メモ完成させるけど。

コメント
No:108|今更ですが
TBP全ルート終えたのでお邪魔しにきました。

ニトロのゲームは以前PS2版のデモンベインをプレイして以来です。
(あれはあれでとても笑えて燃えるゲームでした)
ブログを拝見して妙に恥ずかしいなあと思いながらプレイしてた原因が分かった気がします(笑)
そうか、ピュア過ぎて直視できなかったのか、と。
コンシューマー用に移植する事でかなり手が入っていたのですね。
ラインに関しては脳内で勝手にドラッグと変換。
本家ではもっと退廃的な世界なんだろうなあと妄想しつつぬるさを楽しみましたよ。
TBPから本家に行くのも色々楽しめそうな気がします。

全ルート終えてやっぱり一番萌えたのはオイチャンルートでした。
洗脳されたわけではありません。多分(笑)
二人のやりとりが微笑ましいというか、可愛らしいというか。
いいぞ、もっとやれ、とにやにやしてました。
2011/01/15 19:23|by 忍冬|忍冬 URL|編集
No:109|おー。
お疲れ様ですよ!
あ、積ゲーはTBPでしたか。

デモンベイン、なつかしいなぁ。私はプレイはしてないんですけどね。
ニトロさんのゲームって、全体笑えますよね。シナリオというか、発想が変でおもしろい。

やっぱり恥ずかしいですよね?
本家やってなくても恥ずかしいですよね!?
多分、主人公のアキラが、予想外に世間知らずで鈍くさいところが、ピュアなシナリオにつながってしまっているのではと……。
世界観はやっぱりせっかくの咎狗ですから、本家のほうが好みといえば好みです。
よろしければ、お勧めしたい一品ですよ。
PCゲームなのにフルボイスですしねー。
そういえば、オイチャンの台詞、PC版でアドリブきかせてた部分、TBPではアドリブに合わせてシナリオ自体に修正がかかってましたw(「お前のせいだ……いや」が「お前のせい……いや」に変わってるとかその程度ですけど)
この声優さんイントネーションとかのアドリブすごいんですよね。

本家はシキとかケイスケのルートがかなりTBPと違うので、そういう楽しみもあるかもしれません。
シキはグッドエンドから変更かかってるとかそんな。たしかにPC版のグッドエンドはびっくりしたけど。

あ、TBPプレイされたなら、咎狗ポーカーも遊べるんですよね。
あれ、面白いですよー。ポーカー嫌いじゃないなら、ですけどw
カードの絵柄とか可愛くてお勧めです。
(そして現物の咎狗トランプを持っている人)
2011/01/16 10:24|by 椎名シイ|椎名シイ URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
 日  月  火  水  木  金  土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。