オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1999ChristmasEve

2011.05.26
ここ最近、1999ChristmasEveで遊んでおりました。

かまいたちの夜あげあげのオマージュ的なフリーゲームなのですが、えらく有名らしいですね。
私はつい数日前まで知らなかったのですが。

フリーゲームってのはすごいね。
たまに有料ものよりも面白いゲームあるんだもんね。
正直言っちゃえば、かまいたちよりも私の好感度のようなものは高かった、かも?

ホラーなんだし、当然怖いんだろうなと思いながらプレイ始めたんだけど、想像してたより怖かった^^;
でも最初だけかな。後半は結構慣れたというか。
物語が深くなってくると、ホラーよりもストーリーのほうに意識が向いてくるので。
あ、かまいたち好きが高じて作られたといっても、ストーリーはまるで違います。

でも、選択肢、結構難しいよ……!!
最初は、自分の判断だけでどこまで進めるか! とか思ってたんだけど、第二話の段階でもうリタイヤが目に見えてきたよ。
アレはムリムリムリ。
結局攻略サイト様に頼ってしまった。
(攻略サイトがなければマッピングとかするつもりだったけど)
制限時間内で決定しなきゃいけない選択肢とかね。ああいうのも面白い。

主人公達のあまりのピュアさに、うおおぉぉお……となりつつ、オールクリア。
分岐とか、攻略見ないとわからないレベルだけど、サイドのストーリーを終えるごとに、トゥルーエンドに行くためのヒントも出てくるので、親切設計。

ゲーム自体が古いってのもあるけど、使用音源がMIDIだったことに驚いた。
でも音楽良かったよー。
起動したときに「おおお!!!」って思ったもん。
SEに使ってたWAVは、時代のせいか雑音なんかもあったけど、あれも味だ。

伏線の回収はしっかりしていたけども定義不足な部分とか、専門的な目で見ちゃえば粗なんていくらでも出てくるのだろうけど、プロでない人が作ってフリーで配布しているゲームと考えると、十分すぎるレベルです。
お金を出して後悔するゲームなんていくらでもあるしね。
正直、構成とか表現とか、お勉強させていただきたい部分が沢山あるですよ。

ホラーノベルゲームが好きな人、暇をつぶしたい人なんかにオススメ。
 
コメント
No:118|
ホラーゲームには手を出していないので1999ChristmasEveは知りませんでしたが、
サンプル画像を見たら、確かにかまいたちの夜っぽい雰囲気ありました。
かまいたちの夜、懐かしいです。
私は「鎌井達の夜」あたりで止まってしまいました。(笑
ホラーゲームといえば、弟切草も怖かったです!
あのゲームのおかげで、日常的な音も効果的に使えば凄く怖い事を知りました。(笑

読ませるタイプのゲームなら、ホラーゲームでもやってみたいです。
後味悪いのとか、怖がらせる事を主題としたゲームは苦手ですが、物語に深さがあるなら行ける気が。
主人公達のピュアさ、も気になります。
今、壮大にゲームが積まれているので、夏になったら涼みがてら遊んでみたいです。

フリーゲームも面白いですよね!大好きなゲームがたくさんあります。
フリーゲームだと作り手さんの個性とかやりたい事が際立つからか、商業作品にない魅力がありますね。
あと大作やる気力はなくても、フリーならボリューム的にも手を出しやすいから嬉しいです。
フリーゲーム制作者さんにも、紹介サイトさんにも、お世話になっています。
2011/05/28 02:33|by 草|草 URL|編集
No:119|タダなのにねー。
フリーゲームの掘り出し物は嬉しいですよね。

このゲームは、確かに前半けっこういきなり怖いです^^;
かまいたちを髣髴とさせるエピソードや、透と真理なんて名前が出てきたりなんてのもありますが、基本的には全然違う、ファンタジーに近い内容です。ホラーだし。
そこで止まっちゃったんですか;;
あのエピソードも初めて見たときには呆然としましたよね。
弟切草は、アレをプレイするためにSFCの本体を買ったというくらいで。
画期的でしたよね、当初。
ちなみにサウンドノベルとかってみんな使ってますけど、一応「サウンドノベル」って、チュンソフトの商標だったりするんですよね。
これはお姉さんの初恋編が好きです。

そう、1999はバッドエンドも含め、後味がね、結構さっぱりめのものが多くて。
イヤーな感じの終わり方ってのがほとんどなかったような。
やっぱり主人公死亡とかもあるんだけど、なんていうか、あたりがソフトというか。

主人公ピュアなのは、ほんと、ごっこ遊びみたいな恋愛やってるなぁ、と。
作者もその辺強調してるみたいだし。
主人公もヒロインも、一応社会人なんだけどなぁw
コミカルで楽しく、時に燃えるような大恋愛になっちゃったりもして。

あんまり時間が割けないときとか、楽にしたいときとか、フリーゲームには本当にお世話になりますよね。
今度、Re:Kinderやってみようかなぁ……。
かなり難しいし、その世界ではかなり有名な鬱ゲーですけど。

2011/05/28 21:22|by 椎名シイ|椎名シイ URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年03月 | 01月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。