オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイバニが面白すぎる件。

2011.09.06
TIGER & BUNNYが面白いです。

一応23話まで欠かさず(とはいっても、前半は一挙無料公開でまとめて視聴)見ているわけだけども、1話ごとの感想とかは全然書いてなかったんですけどね。
別に私が書かんでも、他のファンの方が、それはもう大勢書いてらっしゃるだろうしとか。
でもまあ感想なんてのは、見せる為というよりは自分の感情処理の部分も多かろうしとね。
ブログの更新も遅々としているからせっかくだし。

USTREAM視聴なので23話ネタバレご注意です。
これまで感想を書いてないので、23話以前のネタも随所に挟まってます。
それと、意識しないでところどころに腐発言入る可能性大です。そんなに重くはないはずですが……この辺の感性は人それぞれなので!
(当方コテバニ大好き人間です)

記事を下げますので、大丈夫な方のみどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
色々さー、予想してたわけなんですけども。

バーニーちゃんの記憶がどう戻るのかとかね。
候補として

1 バニー愛称呼び
2 クリスマスのバッジ
3 実は携帯の画像残ってた

で、実は虎徹とあいまみえる前に記憶戻ってて、敵を騙すにはまず味方からってんで、虎徹にも気付かれないように攻撃しかけて、あとになって「僕があなたを忘れるわけがないでしょう」とか「やっぱり虎徹さんは僕のこと信用してない」とかいう話になって痴話喧嘩ふたたび勃発ー、とか妄想してたりもしたんですが。
さすがにそれは無かったようですよ、奥さん。(誰)

結局キーは「バニー」でしたね。


どんだけだよバニー。


前回なぜか虎徹がずっとバーナビー呼びしてたから、ほぼそれで確定だろうとは思ってたけど。

それまでの大喧嘩の凄まじさもアレだけどね。
おそらく道交法完全無視、色んなモンぶっ壊して、虎徹さん、相方怒らすとかなりアレみたいですよ、別の意味で壊し屋の異名もらえますよ。
この二人での本気のアクションシーンが見られて幸せでした。
しかしヒーローはみんなそうなんだろうけど、虎徹の身体能力がすでにイリュージョンですよ。
ガワなしで100P使わないでも、二階程度の高さから叩きつけられても平然としてるし、前々回なんて、エビさん 投 げ ま し た よ ?
普段サボってるようにしか見えないのに、どれだけ鍛錬積んでんの。

あんまり二人にはケンカしてほしくないと思ってたけど、ケンカもいーや、結構楽しい。もっとも、今回のはバニーが正常じゃなかったんだけども。
前回の「反撃かァッ!!」にも盛大に噴いたけど、今回も反撃にご立腹でしたね。抵抗されないのがデフォなんでしょうか。普段いかに尻に敷いているかが伺えます。ああ、だからビンタにあんなに動揺したのか。つーか、普段から虎徹って穏やかだけどね。

で、ね……。
男が男に平手打ちってのは、その、BLでの常套手段というか、普通男性同士ではあまり見られない行動、のように思えるのですが(言葉で諭すか、咄嗟ならグーで殴るんじゃ)、虎徹さんなんで2回もやっちゃうの……。

思い出モードに入ってしまった虎徹が、どんどん死亡フラグ乱立してくれるので、どうしようかと。
この人、かなり感覚ずれてるとは思ってたけど、想像以上だね! よく普段バニー同調してくれるモンだよ。しかも、クリスマスのあのビンタを「友情」って……。

そう思ってるの、多分アナタだけじゃないんですか。

あれ、バニーにとっては痴話喧嘩(笑)の末のかなり不本意な攻撃だったのではないかとww
アレには参った、盛大に噴いた。そりゃ洗脳バニーも怒るわ!

でもまあ、バニーの虎徹萌えは今に始まったことじゃないけど、虎徹がバニーをどういう風に思っているのかがはっきりわかった回でもあります。
でもこんな状況になったからそんな風に思っちゃうんだろうけど……適当な言い訳で、その人を捨てようとしたのはあなたですよ、虎徹さん。
あれは、バニーじゃなくてもショックだよ。
バニーは決して、仕事をやめようとする虎徹を責めてる訳じゃなかった、ちゃんと理由を聞こうとした。あの自分のことでいっぱいいっぱいだった中でも、虎徹の気持ちを理解しようとした。それを誤魔化したのは虎徹だもの。どちらもギリギリ状態で、あの時ばかりはバニーのが大人だったわ。てか虎徹がアレすぎたわw
虎徹の心理状態としては、まずバニーが自分のことで手一杯だったからってのが理由にはあるんだろうけどね(でもそれがわかる前から、本当のことを言わなそうな雰囲気ではあった)。あとは、年長者、先輩、ヒーローとしての矜持。これも、なかなか割り切れるものではないと思う。たとえば牛とか兄とかには弱音を吐けても、逆にバニーにだけは、かっこ悪い、弱いところ見せたくないってのもあったかもしれない。
バニーは逆に、もう虎徹には、大体のところさらけ出しちゃってるから、今更隠すところもないんだけど、虎徹は実はそんなに色々晒してないしね。
この辺の温度差もある。

腐女子視線を取り除いて考えてみても、
虎徹の言を借りるならば、虎徹にとってのバニーは「隣にいるのがあたりまえな人」
バニーにとっての虎徹はおそらく「隣にいて欲しい人」
虎徹にとっては最初こそ、仲良くやっていかなきゃいけない相手だったから一所懸命なじもうと努力してただけだったけど、バニー個人のことをどんどん知っていって、親しくなって、実に順当に、他の人よりも近しい存在になったわけだけど、バニーはもともと周りに人を寄せ付けない状態から、急に虎徹がぐっと入り込んできて、心をざっくりさらわれて、今となっては虎徹が至上の存在と言っても過言でないくらい。いわゆる刷り込み。
これが温度差だわな。
認めてない、信頼してない、というのとはちょっと別次元だったんだろうけど。
実際一期の最後でも虎徹は同じ失敗をしてるけど、相手を心配することと信じないはイコールではない。これをきちんとわかってもらうには、言葉とか他にも色々必要で。人間完璧ではないとはいえ、咄嗟のときにまたもやそうと取れる態度をとってしまったのは痛かった。

でもまあ、今回虎徹もバニーに完全無視されて、殺されそうになって、存在自体否定されて相当凹んだんだろうなあと。そりゃ泣きもするよね。バニーですら虎徹のことで泣いたことなんてないのにな!
少し反省するといいよ。
(これでも私は虎徹ファン)

「二度とワイルドタイガーの名を汚すな!!」
は、きつかったろうなぁ。
根底の、ワイルドタイガーに対する評価、信頼のようなものはバニーの中にしっかりと根付いていて。それがわかるのに、自分がそのタイガーであることを認めてもらえない。
まさに誉められてるんだかけなされてるんだかわからない状態。

虎徹はずいぶん簡単に殺される方面で諦めがついちゃったようだけど、まあ、ねぇ。あれ以上自分は相手を攻撃したくなくて、でも相手は自分を殺す気でいるとなれば、他にどうしようもないわな。
けど、「バニー」呼びで記憶が戻るんだろうなとは思ってたけど、もっとこう、

「バニー!!」

「僕はバニーじゃない、バーナビー……!?」


色々記憶の混濁→「え、え? あ……あああ!! (数秒) こ、虎徹さん!?」

みたいな色めきたった展開を想像していたんですが……。
思いのほかあっさりでしたなw 展開としては近かったけど。
むしろ「バニーちゃん」「はい?v」くらいあっさり。
若干記憶の後退が見られましたがwww
咄嗟に、はじめて「バニー」呼びされたところまで戻っちゃったんでしょうね。
久々のおじさん呼びはファンサービスですか。

しかし、デレがあってこそのツン属性だとは思うんだけど、殺す勢いでツンツン(あれをツンとは普通言わんが)だった人が、一瞬で極限デレるという、なかなか無い貴重な瞬間を拝めましたよ。

予想通り、虎徹号泣でバニー強烈ハグ。
この人、同性に抱きつき癖あるよね。異性にはやってないようで安心ですが。
一所懸命髪を直すバニーがかわゆいわい。
しかし。

「虎徹さんに敵意を向けてしまうなんて……」


ありゃ殺意だよ。


敵意なんて可愛いもんじゃなかったでしょうがwww
0.1秒狂ってたら殺してたって!
もっとズドーンと落ち込んでしまうかと思ってたけど、案外あっさりしてましたな。
でもまあ、ストンと元に戻って良かった良かった。
「娘にも会ってやってくれ」
「ええv」

デレ、完全復活……。

そしてマベ氏……。
もしかして、なにかこう、色々と理由があったりするんじゃないかとか思ってたけど、本当にバニーはただの道具だったのかえ……。
サマンサさんは本当に殺されてしまったのだろうか?
だとしたら、バニーにはもう虎徹しかいないじゃん;;
生きてて欲しいんだけどなぁ。

ムキエビさんの正体はやっぱりアンドロイドでしたね。
シス型の可能性も考えてたけど、それだとスカイハイさんが混乱して話が長くなるので、それはないだろうなと。
一転してすべてのヒーロー+楓の運命がヒーローコンビに委ねられる形となってしまったわけですが、ヒーロー達の活躍もこれからあると信じてていいですか?
コンビ二人だけの活躍でも、私的には楽しいですが、他の人の活躍も見たいよね!

うーん、バッジはこの後にエピソードとして何かあるのかな?
一期のEDを見る限り、あれはかなりキーアイテムのはずだよね。
私としては、バッジのエピソードをリリカルに挟みつつ、最終話ではオリオンを眺めに行って欲しいと!
そしてアニメにありがちな、最終回だけは一期のOPがEDテーマになって、できればフルコーラスかかって欲しいとか!!
単に腐女子的念願として
「オリオンをなぞるこんな深い夜に 僕がいて あなたがいて それだけで十分かな」
を地で行ってほしいと!!!
妄想丸出しですみません。

ちょっと気が早いですけど「TIGER&BUNNY」で終わると信じてるんですよ。
そういうアニメですよね、これは?

とりあえずはー、落ち着けと言っても無理だろうけど、「絆」で乗り越える場面のようですよ。
二人だからできる戦いを見せてくださいな。
期待してるよ!!
 
 

テーマ : TIGER & BUNNY

ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。