オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROSE GUNS DAYS season2 感想

2013.01.06
ローズガンズデイズ、シーズン2プレイしました。

今回は短めでしたね。でしたよね?
ケイレブファミリーとの抗争とその後の変化。

感想は完全ネタバレですので、文章を下げます。
あくまで個人的な感想です。他者に同意を求めるものではありません。
ご了承くださいませ。
それとざっとの感想ですので、深みや考察なんぞあったものじゃありません。
本当にさらっとした感想です。
よろしければ下へどうぞ!
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、感想を一気に。

前回の銃撃戦からの導入はかっこよかった!

梅九さんに惚れた!

新たな3人組いい! チャールズのマジ顔が特にいい!!

ウェインの新コスだっせぇので何とかならんか!

青薔薇つけてるからニーナがマダム・ジャンヌかと思ったが違うらしい!


……正直申し上げまして。
文章と構成に若干のパワーダウンを感じました。
ひぐらしから数えて、これだけ長い間決まった期間でゲームを出し続けているのだから、驚くべき持続力ではあると思います。けど、そういう個人的な感情を盛らずに率直に言うなら、文章と構成の深みがなくなったというか。
もっと違う言い方をするなら、私の感性と合わなくなったのかもしれません。
あくまで個人的感想ということで、自分にとって良いも悪いも色々正直に言います。

導入。
全員チャイナタウンかよ!! なんか拍子抜けだ!
もう少し違う展開を期待しすぎたのかもしれませんね。
まさかあんな終わり方をした後で、ウェインとクローディア以外が全員無事に面を並べてるとかびっくりだよ。
ミゲルとウェインの心理上の交流とか、見所はありました。
しっかし某ボスが生きてて別の世界で暗躍してるとか、随分平和な暗黒街もあったものですね。
人を殺せと言いたいわけでないですが、暗黒街ってこういうものかな?
これならケイレブだって生きてるよね絶対と思ってたら本当に生きてるし。
まあ生きてるからこそ使いようがあるキャラになってたので、これはこれでいい気もしますが。
竜騎士さんの作品のフィクション上の暗黒街、と割り切るべきでしょうね。

あと、ローズは操をレオに捧げたの?
据え膳食われたって発言があるまでよくわからんかったよ。
ミゲルに食われててもおかしくない感じではあったけど、ミゲルの場合は女嫌いだったから、それはやっぱり無かったんだろうね?
朝チュンどころの話じゃなかったので、この辺さっぱり。

今回最大の難所。ケイレブ抗争の銃撃戦。

長 い よ !!

いくらなんでも長すぎる!!
後半、本当にもう勘弁してくれと半泣きしながらスペースキー押してたよ。
処理はどんどん重くなるし。
表現上一発で決めたらかっこいいようなシーンもだらだらと攻撃防御続けるからダルイどころの話じゃない。
もう苦痛の域。
ビジュアルノベルとしては、文章や他の効果で表現できる部分も多かったよね?
文章→戦闘シーン→文章→戦闘シーンの繰り返しに本当に内容を楽しむ意識はそがれるし、この半分量くらいでもおなか一杯だったよ。
スコアを楽しみたい人には良かったのかな?

ケイレブとミゲルのあれってなんだwww
痴話喧嘩かよwww
私、女なんでよくわからないんだけど、男の人の熱い絆ってあんな感じなの?
まあ私は腐女子だからフィルターあるし、なかなか良い感じの決意のシーンではあったんだけど、正直噴いたw ケイレブがミゲルを後ろから抱きしめたくだりで。うっかり声出して笑ったわ。
これが無ければまあ普通だし、ミゲルくらい感情的な人にはこのくらい当たり前なのかね。
でもまあミゲルがかわいくはあったね。
女だったらとっくにケイレブの愛人だったろうなぁ。
(竜騎士作品にはこういうコンビ多いわな、うん)
乳繰り合ってるレオとウェインもかわいかったし、所詮腐女子フィルターで変な風に見えちゃってるだけなのかもしれないけどねー。
けどレオの「プリマヴェーラ随一の萌えキャラ」ってのは同意。
女がたくましいせいもあるんだろうけど、ウェインくんかわいいよね。

アマンダが、思ったよりケイレブの妻ではなくプリマヴェーラのマダムだったな。
ケイレブのことを思うからこそついていってるんだと思ってたけど(実際そうだけど)、それ以上にローズのことを気にかけていたんだってことか。
このお話って、関わった人がみんな「今日の敵は明日の友」みたいな感じなのかな?

でもバトラーさ、あのミスの連発、わざとかと思ったんだけど、そうではないらしく、あの人こんなんで大丈夫なん?
正直ビジネスパートナーとしては大失態じゃね、これ。
このシーンでここまでやらかしてくれちゃう人は、とてもとても信用できない。
ギリギリの迫力ある演出のための傀儡かもしれないけど、そういう意図ならもう少し別のやり方もあっただろうし、これはバトラーの株が下がるだけ下がるかわいそうな結果だったわ。その後の恩恵も、別にこの件のお詫びとしてじゃなくたって構わなかったわけだし。
大勢の人が動くからこそ、実際の山場にはこんなこともある、よりリアリティーを求めた結果だと言われればそれまでだけど。
でも実際リアルがこれだと痛いよね……。
これも安定のバトラーゆえか。中間管理は大変だね。

あ、ジェームズ富竹登場してくれて嬉しかったです。名前だけかと思ってたんで。

ケイレブとの決着の後、レオ退場。
タイミング的にはここだろうなぁ。
最初の語り部と引率だった人がいなくなり、時代が新しくなる。
今後何らかの形で関わってくるのかね。
最後に樹里と一緒のところでウェインの前に現れるとかさー。ってそれどんなうみねこの再会シーンやねん。
ローズとレオはこれ、本当の意味で愛し合ってんのかねぇ。正直よくわかんないや。
愛を育む描写が一切無かったからな、雛と親鳥みたいで。
レオはなんかそういうのと無縁の位置にいるような感じもしたし。そもそもまあ、彼が過去に心を置いてきている限りは、恋愛にのめりこんだりはできないだろうよ。
レオの過去ってのも、まんまだったなー。
シーズン1で結構含みを持たせてたから、もっと複雑なものかと思ってた。
あの過去の話が壮絶でなかったとは言わないし、それこそまた「創作脳で感覚が麻痺している」なんて説教されるのかもしれないけど、あれがレオの過去だというなら、シーズン1ではもう少し伏せても良かったかなという気はする。
「あれ、結局それなの?」という感想になってしまった。

1948年の導入はなかなかだったけど、ウェインくんのあの衣装は最高に笑ったわー。プリマヴェーラの幹部って、どういうセンスしてるのだろうと。
それとも私が無知なだけで、ああいうのが当たり前なのかなぁ。
しかし他の人がみんな落ち着いてるだけに……w
新キャラはみんないいね。特に3人組。
髪が長いって言ったらラプンツェルだよねとか思ってたら、ホントまんまだったね。
彼女に裏があるのは当然だろうけど、ものっすごい仕切り屋だよね。ちょっと慣れた時点で結構上から目線。そういう位置にいたのかなあ。
チャールズのマジ顔がかっこいいです。
あれー、彼もけっこうワンコ系なのに、私どうしたんだろ。ウェインくんといい、好み変わったのかな。
しかし、彼らの倉庫への突入のくだり、戦闘シーンいらない気がするんだけどどうだろう。本来スリングショットと畳みかけで一瞬で決めるべきところなのに、なんでわざわざ戦闘シーン入れてドカンバタンガシャーンって効果が入るのかな。入れるにしてもオリバーのトコだけでよかったな。すみません、自分の感性ではこれ本気で邪魔だった。これを売りにしたいのはわからなくもないんだけど。
で、結局お約束で上手く逃げられないし、まあこのくらいが普通だろうけどね。めっちゃ顔見られてて、よく表歩けるなーと。暗殺されるわよ。

この辺で私の中の梅九さんへの株が急上昇。
うん、結局お優しい話が好きなんだろうよ、私も。
まあこの人の場合はもっと悪役でもいいけど、できればこれからも活躍して欲しいんだわー。掘り下げて欲しい。力強い人は好きよ。そういう意味でアルフレッドもなかなかだったけど(笑)。

しかしケイレブたちの醤油の話を聞いてると醤油味の何かが食べたくなる。私も日本人ということか。
ミゲルとウェインの会話も、なんか聞いてるとじんわりしたし。ホント、一緒に飲めてよかったねぇ。所詮女だから、こういうのには弱いんだわ。割とミゲルも好きになったのよ。結局彼も時代に踊らされた、か弱いひとりの人間だったからね。あとこういう変な人割と嫌いにならないし。
しかしウェインくんの戦闘シーンのコスが変わってないのはサービスなんですかそれとも意味があるのですか単なる手抜きなんですか。

醤油戦争は、まあ当然なんだろうなぁ。トントンとそう上手くいくわけがないんだよね、改革って。
だいたい、樹里が醤油を知らない時点で歴史が語ってるわなー。
そして上寺相談役登場で、語り手が彼に変わるのか。
上寺相談役、髪切れよ(笑)
できれば、同じ人物は時がすぎても同じ人がキャラデザやって欲しかったんですけど。違和感ハンパないです。それともこれからのネタバレ防止の意味でもあるの?

今回予告らしい予告も無かったですねー。
何がしかの効果を狙ってのこと?
私的には、よほど時間が足らなかったのかとか思ってしまった。
実際夏と冬の間は本当に時間が短いしね。
だから私見で申し訳ないんだけど、これまでの作品と総合的な比較しちゃうと、内容的なひねりも浅かったし、ゲームとしての構成、仕上げもちょっと雑だったかなあーなんて感想なんですけど。これまではそれなりにあった、うおおおおって予想外の展開にゾクゾクするような感じや盛り上がる演出がちょっと無かったな。
さすがに息切れしてきちゃったかな?
今回のしんなりした終わり方も味なんだろうけど、あ、そう、終わりなのねって感じが。

なんだかんだ言うけど、まだ私の中では面白い作品なので、続きは気になるんですけどね。
本当につまらなくなったら、続きとかどうでもよくなりますから。からくても、意見があるのは面白いから。どうでも良いものは本当にどうでもいい。
まだ見守って行きたいとは思います。

ところで樹里ちゃんにとってお刺身はおいしかったのだろうか。
上手く飲み込めなかったに一本。
 
 

テーマ : レビュー・感想

ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。