オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.5 コーラス・ブレイド ~魔女と呼ばないで

2006.12.23

 数秒動きを止めてしまったオレ、目の前の魔女が再び臨戦態勢に入ったところで我にかえった。
 馬の尻尾のように後頭部で束ねまとまられた赤毛が、ふわりとなびいて空を切る。瞬時にそれは、彼女の身体ごと至近距離まで迫ってきていた。
 ぼんやりしている場合じゃありませんでしたね。
「ちょっと、ちょっとお嬢さん、せっかくそんなかわいい顔してるのに、眉間にしわ寄せて他人に殴りかかる生活なんて、人生半分損してるよー!」
 ついつい叫んでしまった言葉に、魔女は更に表情をきつく歪ませる。
「容姿は関係ないでしょう」
 いやそりゃそうですが。
 ブンブンと高速で繰り出される槍の攻撃を、ヒョイヒョイとかわしながら、目の前の人物をついついしげしげと観察してしまう。よくもまあ、長身で重量もありそうな槍を、苦も無く振り回せるもんだ。
 まあ当たらなければ意味がないのだが、なにぶんオレはプロのハンターであるからして。そこいらのなんちゃって格闘家なら、簡単になぎ倒せる技術と力はあるよなあ。魔法師は、体力ないのが多いって話だけど、こういうのもいるんだな。
「でも、悪いけどオレ負けないから。やめといた方がいいってば! 顔や身体に無駄な傷つけたくないだろ?」
 ギリ。魔女が歯噛みしたのがわかる。
 うはあ……怒ってる怒ってる。
「怒られついでに言うけど、自分より弱い女の子に攻撃ってしにくいんだって! 結果の見えてる戦いはやめようよー!」
 ピタリと、魔女の動きが止まった。
 オレの言葉を聞き入れた……わけではないっぽいけど。
「……かわいいとか弱いとか女の子とか……」
 わなわなと震える彼女の空いている方の掌に、青い光がみるみる集積して丸い形を形成していく。
 うーわ、なんかヤバそうな気配。
「知った風な言葉をポンポンポンポン吐くな!!!」
 ぎゃ、キレた!!?

「オレだって好きで女やってるんじゃねえよボケ――――ッ!!!」
「うぎゃ!!」
 いきなり台詞が男前――ッ!

 魔女の掌から放たれた青い光は、ぶっちゃけまったく見えなかった。
 目にも留まらぬその速度。
 気付いた時には、俺の身体は数メートル後方へと吹っ飛んでいた。
 その時に感じたのはバカでかい衝撃だけで、痛みだの炎のような熱波だのが、一瞬後から襲ってきた。痛え、熱い、もひとつおまけにイッターイ!!
 オレは大地にひれ伏したまま、さすがに今回は即座には体勢を整えられない。

 ていうか、なんですって?
 好きで女やってるんじゃないってのは、うん? どういう意味なのかな?
「えーと、なに? ホントは男に生まれたかったとか? 身体は女だけど、心意気は漢とか、そういう……」

「オレは、男だ!!」
「……えー?」
 よくわかんなーい。
 よくわかんないけど、憤怒の表情は、マジで怖いよお嬢さん。
「生まれたときから、オレは男だ!! この身体はオレのじゃない!!」
 ????????
 えーと、何を言っていますか、この人ー?

 右手に槍を握ったまま、それでも全身の力が抜け落ちたように、魔女はその場に胡坐をかいて座り込んだ。
「本当なら、精霊石なんて必要なかったんだ……オレの本来の身体なら……クソッ」
 言っている内容がわからない。
 本当は男だとか、本来の体だとか、まるで今は他人の身体を使っているとでもいうかのような、その口ぶりですが。
「えーと? その身体は、本当はあんたのものじゃないって?」
「そうだよ」
「で、今は女の身体を使っているけど、本当は男だって?」
「そうだ」
 そんなことが、有り得るのか?
 他人の身体で行動するなんて、簡単にできましたっけ。
 そりゃあ、嘘を言っているようには見えないんだけどさ。

「もしかして、なんかめっちゃ訳アリ……?」
 ホフク前進のままズルズルと近づいたオレの言葉に、魔女(でいいのかなあ)はまるで小馬鹿にしたような視線を向けてきた。
 うう、斜めに見下ろさないで下さいって。
「当たり前だろう。理由もなしに強盗なんてやるものか」
 いやあ、ただの金目当てって連中も掃いて捨てるほどいるけどさ。

 オレがようやくその場に上半身を起こすと、彼女(彼)は、ガクリと俯いて、深々と長いため息をついた。




==椎名の呟き==
実は男前な魔女、ポニテですよ、ポニテ。
何気なく決めた設定だけど、けっこう趣味丸出しなのかなあ?
(言いたいことはそれだけか)

★『コーラス・ブレイド』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング


テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。