オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01 逢魔が時! 第一話【逢魔が時、来たる!】…1

2007.03.13

 掃除も済ませて終礼も終わった放課後。
 巡は校庭で活動するサッカークラブの面々を時々横目で見ながら、教室で本を広げていた。

 物静かな文学少年。

 に見えなくもないが、実際に机の上に広げていたのは「山菜・野草」のミニ図鑑だ。

「何だー、お前らまだ残ってたのか? 用事がないならさっさと帰れ」
 教室で無駄話に盛り上がりを見せていたクラスメイト数人は、言いながらのんびり教室に入ってきた担任教師を見とめて、仕方ないとばかりに教室を後にする。
 さよーならー、と間延びした挨拶がお決まりだ。
「で、成瀬。お前はなにやってんの」
 歳若い担任教師に広げていた本を覗き込まれて、成瀬巡(なるせ・めぐる)はパタンとそれを閉じた。
「山菜~?」
 首をひねるような仕草を見せた担任、朝比奈高之(あさひな・たかゆき)は、ああ、と思い出したように屈めていた背筋を伸ばす。
「もしかして、来週の実習のか」
 言われて巡は素直に頷く。
「予習を」
 しゃあしゃあと言い放つ少年に、朝比奈は微妙な苦笑いを返す。
「予習結構だが、それはむしろあんちょこってヤツだろが」
 来週の実習、と朝比奈が言ったのは、週明けにある家庭の授業での実習だ。
 誰にも聞かず頼らずそこいらにある草や木の実を自分の判断で持ち寄り、極力食べられるものは食べる。食せるものが何割あるかというちょっとした実験でもある。
 このおかしな実習案を出したのは、朝比奈本人だ。
 巡の通う私立藤乃木小学校では、授業案は担任に一任されている。一任と言っても、もちろん主任、教頭の検閲は入る訳だが、よほどやる気のない案以外は、するりと通ってしまうゆるい校風だ。良い案に関しては、学年を通して採用されたりもする。
 それなりに自由だが、教師の技量が試される環境でもある。
 もっとも検閲を通ったこの実習、もっと華やかなそれらしい料理を作りたい女子には、大変不評だが。菓子だの洋風料理だのを実習で作りたいお年頃、6年生だ。誰も、食えるんだかそうでもないんだかわからない葉っぱや木の実を煮たり焼いたりしたい訳じゃない。
 将来的に役に立ちそうなことほど、子供たちにはつまらないものなのは、世の定説。

 まあともかく、今回の実習に関して言えば、予習をするというのはつまりカンニング行為にあたるという訳で。
「別に、実習で見たりしないよ」
「そーゆう問題か」
 実習では、最初の一時間を校外での収穫に当て、あとの一時間で調理をする計画になっている。緑の多いこの地域ならではと言えようか。
「まあいいや、お前もさっさと帰れよ」
 授業が終わったら、用事のない者は居残り寄り道せずにまっすぐに帰る。これはまあ普通に学校にありがちなルールだ。
 仕方がないから、巡も読んでいた本を鞄にしまって席を立った。
「先生、さようなら」
「はいさよーなら。下見とか言って寄り道するんじゃねーぞ」
 ぎくり。巡、図星をつかれた。
「夕方ってのは、魔界と現世が繋がる時間帯だって言われるからなー」
 にこやかに言う担任教師に、巡はなんとも微妙な視線を送る。
「怪しいヤツを見る目つきをするな」
 怪しいヤツを見てるんだから仕方がない。
「人の心が狂う、犯罪の起きやすい時間でもあるってこった。変な事件に巻き込まれないように、とっとと帰りなって話。オレはまだマスコミに退路をふさがれたくはねーぞ」
 まだって、いつか未来ならいいんだろうか。ていうか、建前でももう少し自分の生徒を心配する発言は出来ないものか。
 まあ当の巡は、担任のそんな態度など微塵も気にしている風ではない。
「気をつけるよ」
 それだけ言い置いて、巡は鞄を肩からぶら下げて教室を出た。


「メーグー、帰ろ~」
 誰もいなくなった6年1組の教室に、ひょっこりと顔を出した少女がひとり。
 教室にはもちろん、だーれも残っていなかった。
「あれえ? 部活ないから一緒に帰ろうって言っておいたのに……」
 巡のふたつ上の姉、芽衣(めい)だ。
 暇な日を見つけては、わざわざ隣の敷地の中学校から顔を出す、弟大好きブラコン姉。
 完全エスカレーターではないが、小中高と隣接した場所に立つ藤乃木学園グループにおいて、その中学に通う多くの生徒はこの小学校の卒業生だが、卒業して2年も経つのに、勝手知ったる我が校のような顔でほっつき歩くのは、この芽衣くらいのものだ。
 まとめても、すぐに解けてしまいそうなサラサラのストレートヘアを指にクルクル巻きつけながら、芽衣は唇を尖らせる。
「最近メグって冷たいよねえ。寂しいなあ」
 いじける素振りで不満を漏らしてみたところで、他に誰もいないから意味がない。ブラコンに加え、天然だ。
 独り言の多発には気をつけろ。


 そしてそんな姉との約束など、キレイさっぱり忘れている弟、巡の方はというと。
 担任の注意など聞くはずも無く、学校の裏山の雑木林へと足を運んでいた。
 別に、実習にそんなに真面目に取り組みたいという情熱があるわけではないのだが、やはりせっかくむしり取って行くのなら、食べられるものの方がいい。自分の選んだものが食えない部類に分類されるのは、ちょっとシャクに障る。一応彼にも、なけなしのプライドのようなものはあるのだ。ウケ狙いに走れる性格だったなら、世渡りの面で将来有望なのだが。
 夕方とは言っても、夏も間近な6月の放課後は、まだ太陽が眩しい。今日は天気がいいから、ちょっと暑さも感じるが。

 朝比奈の言った、人の心も狂わせがちだという夕暮れ時。
 それを俗に、逢魔が時、と言うのだが。

 今のこの明るさが、そんな怪しげな雰囲気など、まったくと言っていいくらい感じさせない。もう少し日が落ちなければ。雑木林の中はそれなりに薄暗いが、それは夕闇のせいではなくて、単に木々の作る日陰のせいだ。
 一度は鞄にしまった図鑑を取り出しながら歩く。
 腰のあたりの高さにある鞄をあさっていたせいで、目の高さくらいの空間をふさぐ細い木の枝に気付くのが遅れた。
 危ない、とギリギリでかがみこんで、その枝をくぐり抜けた後に背筋を伸ばして。
 次の瞬間、バサリと目の前に降ってきた何かに驚く余裕も無く、巡はその物体にボスンと顔を埋めてしまった。
「ぶっ……」
 柔らかい、枕のような布の感触。
 2秒ほど固まってしまった後で、慌てて半歩退いた。が、目の前にある物体が何なのか、目視できない。
 さらにもう半歩下がってから『それ』をマジマジと眺めた。上から下まで。

 なんだ、これは。

 見たままを言うなら、それは、少女。というか幼女。
 そこいらの幼稚園にでも通っていそうな幼い少女が、絡み合った枝に器用に下半身を支えられて、逆さまにぶら下がっていた。

 ふわふわの長い髪。
 その髪をゆらゆらと揺らしながら、少女は幸せそうな顔で眠っている。ように見えた。逆さ吊り状態で、その顔は微妙に笑っている。
「パンツ丸見え……」
 真っ白な肌着らしきものは、重力にしたがって盛大にめくれ、今時見ないようなふっくらとギャザーの入った下着が丸出しになっていた。

 なんでこんなところに女の子が。
 なんで幸せそうにぶら下がってるんだ。
 大体、いくらちょっと余所見をしていたからって、コレに気付かない訳あるか。ずり下がって来たにしたって、こんなのがそう高くもない木の枝に絡まってたら、もっと早くに気付くはずだ。さっきまで確かにいなかったと思うのに。

 というか自分は今、このパンツに顔面から突っ込んだのか。
 いやパンツはともかく、何が何だかわからない。
 巡の思考の回転は続く。普段よりもかなり多く回しております。
 すべからく変化とは、唐突にやってくる。


 ――これが、巡と『少女』との出逢いだった。





==椎名の呟き==
本日から連載開始『逢魔が時!』でございます。
タイトル見たまんまの、変な物体がうようよ出てきそうな現代ファンタジーです。
ハートフルにコミカルに、を出来れば目指したいと思いますので、よろしければ、またしばらく、お付き合いくださいませ!


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

コメント
No:1|
お、新連載はじまったね~^^
どんな変な物体がうようよ出てくるのか楽しみっすw
では、また遊びにきまぁす♪
2007/03/13 23:35|by こはくの月|こはくの月 URL|編集
No:2|
コメントレス

>こはくの月さま
コメントありがとうございま~すw
私の本来堅ッ苦しい三人称で、どこまでコミカルにできるのか謎ですけどね。
油断してるとどんどんシリアスに……。
いつもありがとう。また遊びに来てねん♪
2007/03/14 09:49|by 椎名シイ|椎名シイ URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。