オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08 逢魔が時! 第一話【逢魔が時、来たる!】…8

2007.03.23

 結局、週末はかぼの騒動のせいで予習どころの騒ぎではなかった。
 実習のために、図鑑でも眺めて食える草の目星をつけておこうとか思っていたのだが、出かける先にかぼがついて来て、あれこれとのべつまくなし話を始めるから、調査にならない。
 せっかくだからとかぼに野草について訊ねてみても、結果は芳しくなかった。かぼいわく、いくら彼女でも超自然的に様々なことを知っている訳ではなく、あくまで知識としては人生の先輩程度だ、ということだ。
 つまりが、野草についてはほとんど知らないらしい。

 まったく、おかしなものに取り憑かれてしまった。


 月曜日、実習となるのは3~4時限目。
「名簿順で班分けするぞー」
 授業の合間の休み時間の後、再び教室に入ってきた担任、朝比奈がやたらはりきって声を上げた瞬間。

「なんだ。行き当たりばったり食用植物を探す授業なのか。こんな時ばかり予習をするなんて、メグはズルっこだの」

「!!!!!!!!」
 自分の席に座っていた巡の真横に、かぼがいた。

 ガタン!!

 思いっきり立ち上がってしまう巡。
「静かにしとけ、メグ。心配せんでも、他の者にわちの姿は見えておらんよ。だがぬしがわちを、ここにいる者として扱えば、他の者にも見えてしまうぞ」
「~~~~!!」
「おいおい成瀬。どうしたあ?」
 急に立ち上がった巡に、朝比奈が呆れたように声をかける。クラスメイトも何事かと巡を見るが、確かに誰もかぼの存在に気付いていない。ように見える。
「……あ」
 引っ込みがつかなくて、巡は逡巡する。
「あの……トイレ」
 ドッと教室が沸いた。
「そりゃあ外に出る前にはトイレタイム取るつもりだけどな。今すぐか?」
 むしろ休み時間に行っておけと言わんばかりだ。実際その通りだが。
「が、ガマンできません!!」
 教室中から笑いが起こる。なんで自分がこんな目に。
 行って来いよと笑う担任を尻目に、巡は脱兎のごとく教室から逃げ出した。もちろん、その後にはかぼもついてくる。

「ついてくるなって言っただろ!!」
 授業中、誰もいない男子トイレの中で、巡はかぼに怒鳴りつける。いくら人がいないとはいえ、あまり大声を出すのはどうかと思うが、巡にそんなことを考える余裕はない。
「学校とやらを見てみたかっただけだ。ケチケチするな。さっきも言ったが、他の人間にかぼは見えておらんよ。ただ、メグがかぼに話しかけたりすれば、その場にいる皆に発見されてしまうだろうがの」
「どういう意味だ?」
 かぼは、どこで憶えたのかビシっと人差し指を立てる。
「わちらはぬしのように逢魔の力のない者にはまず姿から見えない。だが、見えにくい、というだけで、そこに存在するのは確かだ。ぬしにはわちが見えているだろ? だからな、ぬしが皆の前でかぼと話をしたとすると、皆そこに何かがいるものだと認識する。そうやって意識をされれば、ほとんどの人間にわちの姿は見えてしまうのだよ」
 もともと魔物を認識する力のある者には、その姿は視覚として捉えられる。だが、その力のない者でも、そこに誰かがいるのだと脳に情報を送って意識すると、見えてしまうものらしい。特に、これからの時期は。
 実に不安定な存在だ。
 それはともかく。
「だったらボロが出ないうちに帰れ!!」
 巡は怒鳴るが、かぼはどこ吹く風。
「いいじゃないか~。ボロを出すも出さないもメグ次第だぞ? わちのことは知らん振りを決め込めば良いだけの話だ」
 帰る気はさらさらないらしい。
 ここで長く話をしていても、何事かと疑いをかけられるだけだ。
「~~~~~~~……」
 問答していても仕方がない。というか、多分お話にならない。
「絶対、へんなちょっかいかけるなよ……」
 それだけ言うと、かぼは任せろとばかりに胸を張った。

 何というか……先が思いやられる。





==椎名の呟き==
我ながら、魔物の定義が面倒くさい……。いつもこんなことばかり言ってますがw

★『逢魔が時!』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。