オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09 逢魔が時! 第一話【逢魔が時、来たる!】…9

2007.03.25

 実習の最初に、巡たち6年1組の面々が向かったのは、巡がかぼと出会ったあの雑木林だった。
 確かに学校のすぐ裏手だし、野生の植物も多い。ちなみにこの辺りの土地の所有者は、藤乃木学園の理事長だったりする。事前承諾も完璧だ。
「先生の目の届かないところに行くんじゃないぞー。30分で集合な」
 朝比奈の合図と共に、持たされたストップウォッチを確認しつつ、それぞれの班があちこちに散る。が、この年頃の子供たちだけに、そこいらの雑草を引っこ抜けばいいと決め込んで遊びに走る者から、何とか食べられる物を探そうと必死になる者までと、反応はまちまちだ。
「採ったものは、一度は自分で口に入れてもらうからな~」
 朝比奈の言葉に、生徒たちは「うげ」と表情を変えて、そこそこ真面目に探し出す。もちろん毒性のある物は外すつもりだが、朝比奈はやると言ったことはやる教師だ。食わせると言ったからには、それが雑草でも本当に食わせる。

 まったく予習できなかった巡は、班で固まってあれこれと探しながらも、かぼの方をチラチラと気にする。この前まで眠りこけていたこの場で、かぼは楽しそうにひとりで遊んでいる。確かに皆にかぼの姿は見えていないようだが、逆に蹴り飛ばされたりしないのだろうかと思うが、これが器用にお互い避けているというか、自然と接触しない。

 いや、アレを心配している場合じゃない。

 巡は植物の採集に集中力を戻した。
「成瀬~。この赤い実って、良く見ない?」
 同じ班の女子に声をかけられて、巡はしげしげとそれを眺める。背の低い木に小さく実る柔らかい実は、確かにどこかの家の庭で見たことがあるような気がする。けれど、それが食べられるかどうかはわからない。一見食べられそうに見えなくもないが、今ここで試してみるのは厳禁されている。毒のある物だと困るからだ。
「取っていってみるか」
 いくつかの実を、潰さないように採ってビニールの袋に入れた。
 あちこちを目で追っていた朝比奈は、そんな巡たちの様子も視界に入れている。
 いいもの見つけたなあ。
 朝比奈は声に出さずにほくそ笑む。あの木は一箇所にしかないようだから、他の班は気付いていないようだが、あれはそのままで食べても甘いし、薬にもなる実だ。巡は全然予習など出来なかった様子だが、ひとつはクリアしたらしい。

「メグ~、メグ~」
 かぼに呼ばれて、巡は無言のまま彼女に近付いた。
 遠目では気付かなかったが、そこには小さな川が流れている。街に流れる河川と合流しているのかもしれない。
「この草、見たことあると思うんだがの~」
 気付けば植物採集に参加しているかぼだ。誰にも聞いてはいけないという決まりだが、結局かぼも植物には明るくないらしいから、まあいいだろう。
「たしか食べられると思ったんだがの。しかしこんな形だったかのー?」
 怪しいことこの上ない。が、突っ込みたくてもこの場では叶わない。
 まあいいやと、それを根ごと引っこ抜いて、数本を仲間の元に持って帰る。

 そうこうしているうちに、30分が経過した。

 全員を集合させて、学校に帰るまでで一時限終了。それから、後半の植物選別が始まる。大したことをする訳でもないのだが、全員スモッグと三角巾着用だ。

「この班は……変わったもの持ってきたなあ」
 各班をまわる朝比奈は、巡の班に来て面白そうに顎に手を当てた。
「ユスラウメにマコモに、こりゃパセリか。あんなところに生えてるんだな。ほぼ当たりだが……惜しいな。マコモは、秋になれば何にでも使える食材なんだけどな」
 かぼが言っていた草を手にしつつ講釈する朝比奈。しかしこの担任、何気に野草に詳しい。
「ユスラウメはそのまま口に入れてみろ。甘いぞ。同量位の塩で漬けておいても薬になる。パセリは……言わずと知れた、だな。ルールだから一度は食ってみな」
 うえ、と嫌な顔をする面々。パセリが単独で好きだという人間は少ない。いわゆる付け合わせのパセリとは姿が違ったから気付かなかった。わかっていたら採って来なかったのに。でも試食からマコモは外してくれたのだから良しとしなければ。マコモは薬草にもなるが、若干刺激が強いから扱いに注意が必要なのだ。
「一応かぼのも正解だったろ? 間違いじゃなかったろ? 季節が違っただけだものな。偉いだろ? な、メグ?」
「うるさいな、わかってるよ!! 少し黙ってろ!!」
 後ろからまくし立てるかぼに、振り向きもせずに怒鳴る巡。
 ピタリと止む、教室内の喧騒。
 しまった。
「……それはオレに言ってるのかな?」
 笑顔が引きつる朝比奈教諭様。
「いや、違……その」
 かろうじて気付かれなかったが、代わりに妙な誤解を生んでしまった。
「先生に意見してくれる勇者な成瀬君は、後片付け当番決定な。皆の取ってきた収穫物の残り回収して、放課後職員室に持って来いよ」
 バシバシと巡の肩を叩く朝比奈。そういう行動を取る時の担任が本気で怒っていないことを皆知っているから安堵するが、何故巡が急にあんなことを怒鳴ったのか、クラスメイトにはわからない。
「うっかりだの~、巡は」
 ニヤニヤと巡をつつくかぼ。
 ――誰のせいだと思ってる!!!
 巡は肩を震わせた。

 もう絶対に学校になんて連れて来ない。
 巡はかたく心に誓った。
 誓ったところで勝手についてきてしまうのだから、どうしようもないのだが。





==椎名の呟き==
ユスラウメって、私の子供の頃はユスラゴって言ってましたけどね。

★『逢魔が時!』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。