オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20 逢魔が時! 第三話【おじいさんの水盤】…1

2007.04.12

 7月になっても、梅雨の陽気は尾を引いて、じめじめした日が続いている。からりとした天気の日は少なく、雨天も多い今日この頃だ。
 そんな中、巡はまたも雑木林を歩く。
 うっそうとした木々の間は湿気も強く感じるが、心なしか快適に感じるのは茂る緑のせいか、流れる小川のせいか。ともかく巡は、雑木林を流れる川の上流を目指す。そこいらにいるであろう、ミーシャに会うためだ。
 歩くたびにガサガサと音を立てるのは、スーパーの袋。その中には、プリンがみっつ入っている。
「あまり乱暴に歩くな。プリンが崩れるではないか」
 文句を言うのは、巡の後を軽やかな足取りでついてくるかぼ。
「ならお前が持つか?」
 雑木林の中はそうでなくとも歩きにくいのだ。多少の揺れは仕方がない。どんな場所でもヒョイヒョイと越えられるかぼなのだから、文句を言うならかぼが持てばいいと巡は思ったのだが、彼女は口をへの字につぐんでそっぽを向いた。持つ気なしだ。

 川のほとりで寝そべっているミーシャは、すぐに見つかった。
「よう。どうした今日は」
 人の気配にムクリと起き上がったミーシャは、巡とかぼの姿を見止めて片手を挙げた。相変わらずのフレンドリーさだ。
「プリン持ってきた」
 用件だけを直球で口にする巡。
 本当は、プリンがあるからミーシャも連れて来いと母がうるさかったのだが、ミーシャのような特殊な姿の物の怪を、そうそう家に呼ぶのはあまり都合がよろしくない。いつ誰にバレてしまうやもしれないのだ。巡という逢魔の力を持った人間が存在しているのだから、他に力を持つ人間がいないとも限らないし、そうでなくたって、ミーシャを相手にしている光景を見られただけでも、力のない人間にだってこの姿は見えてしまう可能性が高いのだ。
 いくら魔の刻になりつつある世の中といっても、いきなりこれは刺激が強い。
 なので、仕方なく巡はかぼも連れて雑木林まで足を運んできたのだ。
 三人で、プリンを食べるためだけに。
 とりあえず、シンは猫の姿で気持ちよく寝ていたから置いてきたが。プリンのために今起こさなくてもいいだろうし、人間にして一緒に連れてくると、多分一番やかましい。
「……プリン?」
 心なしか顔をしかめたように見えたミーシャだが、袋をあさって元気良くプリンを取り出したかぼから、彼は黙ってそれを受け取る。
 プラスチックで出来た容器からラップのフタを外して、スプーンですくい上げる。かぼや巡はともかく、ミーシャのそんな姿はやはり異様というか笑いを誘うというか。そもそも雑木林の中でプリンを食す三人組というあたりから、ありえない光景ではあるが。
「ん? なんだこりゃ。この前のと違うな」
 ひとくち口に入れて、ミーシャは不思議そうな顔をする。
「おいしくない?」
 かぼは喜んで食べているが、ミーシャが同じ趣味とは限らない。巡の質問に、ミーシャはいや、と首をかしげた。
「この前初めて食べたときは、正直甘っとろくてかなわんと思ってたんだが、今日のは全然違うな。やけに美味いぞ。これが同じものか?」
「それ母さんの手作りなんだよね。この前のは買ってきたやつ」
 へえ、と感心する仕草を見せるミーシャ。同じプリンという名を持つものが、こうも味も食感も違うものなのかと、そこが不思議でたまらないらしい。美味いと言っているのだからそれは何よりだが、正直甘すぎた前回のプリンも黙って食べていたのだから、ミーシャ、物の怪のくせに人間が出来ている。
 かぼだけが、そんな他人のことなどまるで気にもせずに、プリンに夢中だ。ひとくちふたくちと笑顔で口に運んで、みくち目をすくおうとした時。

 何かが、かぼのプリンの中に垂直落下してきた。

 ベシャッと音を立てて、飛び散るプリン。
「か、か、かぼのぷりんが!!!」
 顔中プリンまみれになりながら、しかしかぼはそれどころの話ではないらしい。
「かぼのぷりんに何かが、かぼの~ッ!!!」
 そんなに錯乱状態にならなくても。
「ちょと待て、かぼ。プリンなら僕のをやるから。ていうか、なんだそれ」
 巡はプリンよりも、落下してきた物体の方が気になる。木の実でも落ちてきたのかと思ったが、それにしては白っぽいような、むしろピンク色に見えたような。巡はかぼのプリンを凝視した。

 足が、見える。

 見間違いでなければ、掌の上に乗るくらいの小さな。人間の形をしているように見えなくもない何かの、下半身が。容器からはみ出た場所で、バタバタともがいていた。
 ミーシャが、その足をヒョイとつまんでプリンの中から引きずり出す。
 姿を現したそれは、息も絶え絶えに口をパクパクとさせていた。
「な、なんでこんなところに、かすた~どのうみがぁ~?」
 ボロボロと涙をこぼしながら訴えるその物体は、掌大ではあるが、人間の女の子のようにも見える。が、いかんせんプリンでぐちゃぐちゃになっているので、何が何だかわからない。

 また、物の怪か……。
 逆さ吊り状態でわめく少女を見て、巡はハア、と、深くため息をついた。





==椎名の呟き==
家に来られると困るから現地に出向いて一緒にプリンって、巡の行動回路も愉快。
かぼがうるさかったのかもしれないけど。
とにもかくにも、第三話開始です。

★『逢魔が時!』最初から読みたい方はこちら★


人気ブログランキング参加中!
よろしければポチッとお願いいたします♪
人気blogランキング



テーマ : 自作連載小説

ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎名シイ

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
 日  月  火  水  木  金  土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。