オリジナル&二次創作の小説を、まったり速度でお届け。 最近ボカロ(KAITO)にハマって大変な噂です。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.11
PSゲーム ピノッチアのみる夢 の攻略ページでございます。
ただし、最低限クリアに必要な情報しか載せていません。

古いゲームのことを記憶から呼び起こしていたら、不意に思い出したので。
そういえばこれ、攻略少なくて苦労したなぁ、と。
今検索すればぼちぼち攻略サイト様に当たるのですけどね。
やはりうちのブログにはゲームの攻略を求めて来てくださる方が多いので。
(そりゃ検索といえば普通の日記より攻略の方がヒット数多いだろうよ)
けどまあ今更このゲームをやろうという方も少ないかとも思いますので、完全に趣味の補完ですが。

今プレイしようとすると、操作性も良くないしゲーム自体が古いしと、色々大変なんですが、私にとっては今でも思い出深い素晴らしいゲームでございます。
OPEDがクリスマスという舞台設定からかもし出されるきらびやかさと物悲しさ、人形と人形師という設定の切なさ、愛玩される人形の悲しみ。
色々なことがすっごく哀しくて、すっごく温かいです。

攻略は以下に。
ただ注意事項が。
腐った管理人らしく、攻略はマスターでの男の子、あとレディでアレンのみ攻略という非常に偏った嗜好でございます。
女の子の攻略は一切載せてません。
ただ、パラメータなんかはレディ、マスター、ピノッチアの性別はおそらく問わないので、参考程度にはなるかと。

ネタバレになるので記事を下げます。
 
 
 
 
 
 

続きを読む »

テーマ : ゲーム攻略

ジャンル : ゲーム

2012.11.05
RGDの感想を求めて来訪される方もそれなりにいらっしゃるようなので、最近二回転目をプレイしたし、もう少しまともで具体的な感想を書いてみようかと思い立ちました。

ぐっだぐだになりました。

なんか、ファーストプレイ時の浮かれた感想より、不満点がかなり多くなっておりますね。
総合的には楽しかったのです。
不満に思うところこそ具体的に列挙しておいたほうが親切だなという気もしますが、構成力のなさの言い訳かなー。
具体的にというか、勝手気ままです。
ぐずぐずと書き連ねてはいますけど、私の中で評価がだだ下がり、ということではないんです。
そもそもつまらなかったら、わざわざ感想を書く人ではないので、はい。

以下、ネタバレを含みますので記事を下げます。
駄目な人はご注意ください。

それとこれはあくまで私の個人的感想なので、他の方に同意を求めたり、また自分の考えを押し付けるためのものではありません。
参考程度にどうぞ。
 
 
 
 

続きを読む »

テーマ : レビュー・感想

ジャンル : ゲーム

2012.08.29
07さんの最新作RGDプレイしました。
ローズガンズデイズ。……うーん、すわりのいいタイトルだ。
実際期待していい物かどうか迷ってもいたので、まず体験版をプレイしたのも8/25っていう、イベントよりちょっと遅れた時期だったのだけど。

体験版、面白かったねー。
とりあえず商品ポチるくらいには。

以下は製品版感想です。
今回はミステリ系ではなさそうなので考察というよりは、純粋に感想ね。
しかもあんまりご立派な感想でもないです。

まずはツイッターでのファーストプレイメモ。
その後少し感想。
まあ、参考程度に。

ネタバレになるため、記事を下げます。
 
 
 
 
 

続きを読む »

テーマ : レビュー・感想

ジャンル : ゲーム

2012.07.06
動画でいくつか実況見たんだけども、どうしても自分でもやりたくなってRe:Kinderプレイしましたよ!

何度も見てて知ってるはずなのに、後半は号泣;;

かなり風刺の混じった、けれどコミカルにまとめられた良作だと私は感じました。
すんごく悲しい内容ではありますが。
わかっていても、どう表現していいかよくわからないことを、わかりやすく表現してくれているなあ、という感想。
当事者でなければ真に理解することは難しいのだけど、それでも「あるある、こういう流れはある」と思わせてくれる展開。
優しいだけでも、つらいだけでもない。

時に入る空気読まないギャグは、Reになってから挿入されたらしいですね。どういう事情があってか、までは深読みはしませんが、こんな風に茶化しでもしなければやってられない、そうやって自分の心を守っているかのようなゆういちの心情のようなものも垣間見えたような気がする。
手遅れと、諦念と悪あがき。
こんな悲しい子供がいなくなればいいなんて、思うのも口で言うのも簡単なんだよね。
色々色々考えた、そんなゲームでした。

さて、以下に少し攻略を載せます。
作者様のページの攻略で、大体のことは載ってると思いますが、せっかくなので。
自分プレイ時に攻略ページに頼った部分も多いですが、細かく自分独自なところもあるので、わかりにくかったらごめんなさい。

ネタバレになるので下げます。

 
 
 
 

続きを読む »

テーマ : フリーゲーム

ジャンル : ゲーム

2012.07.03
ツイッターのRTでまわってきたのだけど、スペインでのサプライズ街頭演奏が世界中で話題になってるんだってね。
動画を見に行ってみて、うわあってなったわ。
これはいい。
人と音楽の力は素晴らしい。

街頭で、一人の少女が演奏者の帽子にコインを入れて、小さな演奏が始まり、その後続々と集まってくる演奏者達。
最終的に素晴らしいオーケストラ、大合唱に。
その場にいた人々、拍手喝采。
ゾクゾクするねー。
演奏者の人数が多くなってきた頃に、飄々と現れる縞シャツの兄さんが実は指揮者だとか、チョーかっこいいなにこれ。

よろしければご覧アレ。



動画参照元→YouTube
参照記事→ロケットニュース24
 
素晴らしい!
 
 
2012.05.20
随分前にハンゲのななぱちでCRエヴァ打ってたんだけど、その玉があまってたので、最近またちょっと打ってみたのね。
新機種で「使徒、再び」がきてたから、やってみたら随分進化してるのねー。
あんまり面白かったから、DSで「最後のシ者」買ってしまったよ。
(何故そのタイトルなのかはお察し)
何しろななぱちをこの勢いでやってたら、お金がいくらあっても足りないから。そうでなくとも苦しいのにさ!

けど、画面が小さいのとかある程度は覚悟してたけど、ほんっとうにちっちゃいのね。
字はほとんどつぶれちゃってる。
うっかりPS2版も買ってしまった。
DSはテレビが使えないときに遊ぼう。
(うちはテレビが一家に一台なので、チャンネル権は父親に譲っている)

けど「使徒、再び」でもかなり進化してると思ったのに、「最後のシ者」はさらに凄いね。
演出の多さハンパない。これはしばらく遊べそう。
初号機役物は、横顔の方が好きなんだけどね。

リアルパチは今はやらないから、実機の研究とは無縁のワタシ。当たり欲しさについ確率をいじっちゃうんだけど、あんまり確率良くしちゃうと、常に確変入っちゃって他の演出がまるで見られないことが判明。
最初に気付け。はいそうですね。
昔の機種みたいに当たりの演出がすべてならそれでもいいんだけど。
ちょっとだけ確率を良くする程度で、なんだかいい感じ。

「最後のシ者」のカヲルくんの出番の多さもいいんだけど、「使徒、再び」の方のカヲルくんの図柄で当たった時の「大好きだよ」にはぶっとんだね。初めて聞いたとき、リアルに噴いたわ。
エヴァっておじさんなんかも多く打ってると思うんだけど、あれはどうなんだろうww
まあ別にいいのかな?
つうかカヲルくん、それ誰に言ってるの。

カヲル覚醒モードで当たりを出したいんだけど、なかなか来ないねー。まだ見たこと無い。カノンが聞きたいぞ!
見られる日が楽しみだw
 
 
プロフィール

Author:椎名シイ
 
オリジナル&二次小説、ボカロKAITOやゲーム感想や普通の日記をとめどなく。
一部微妙に腐女子向けかも!

インフォメーション

Twitter

管理人へのメールフォーム

pixiv
pixivは二次創作腐向け小説と絵。ジャンルは雑多。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年03月 | 01月
 日  月  火  水  木  金  土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


訪問者数
ラグナロクTV

このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
ブログ全記事表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。